2019年4月19日 (金)

超一流、二流、三流の休み方/新井直之

Photo_21

 仕事に休みや楽しみを上手に混ぜ込んでいく。
 公私を分けない「ワークライフバランス」ならぬ、「ワークライフブレンド」という考え方こそが、最高のパフォーマンスを生み出す休日のあり方なのです。


近年「ワークライフバランス」が仕事とプライベートを切り分ける生き方として推奨されている。

つまり、公私を分ける生き方。

ところが、このように公私を分けてしまうと、仕事のパフォーマンスを上げるための休みという点では、マイナスになるという。

なぜなら、休み明けから仕事のエンジンがかからないという事態になってしまうから。

パソコンの電源を一度切ってしまうと、立ち上がりに時間がかかるのと同じで、オンオフの切り替えがうまくできなくなる。

その点、超一流と言われる人たちは違うという。

超一流は仕事も休みもセットで両得できるような考え方をする。

よくあるケースが出張を兼ねた家族とのお出かけ。

お出かけ自体が公私双方の意味を兼ね備えるので、仕事モードがオフになることがない。

いざ仕事というときも、立ち上がりに時間がかからず、カラダにも余計な負荷がかからない。

仕事にも休みにも明確な境界線がない、

これこそ超一流の休み方だという。

私たちの中には「公私混同は悪」という考えがあるが、これこそが思い込みだといえるのではないだろうか。

2019年4月18日 (木)

ササるプレゼン/長谷川孝幸

Photo_20

 相手を面白がらせることよりも、相手が望んでいる情報を、相手にササりやすい形態で提供することが大事です。


プレゼンを苦手としている人は多い。

そもそも人前で話すこと自体が苦手という人もいる。

しかし、企業は同じことをしていたら生き残れない時代だ。

当然、社員にも新しい提案を求めるようになる。

自分が伝えたいと思っていることを伝えるにはプレゼンのスキルがどうしても必要だ。

プレゼンの成立には以下の7つの条件が盛り込まれていることが望ましいとされている。

①納得 ②受容 ③関心 ④メリット ⑤客観性 ⑥情 ⑦簡潔明瞭

以上の7つである。

さらにプレゼンでは、自分は歓迎されているかどうかはわからない、アウェイの舞台でしゃべらないといけないこともある。

だからまずは最低限の情報が伝わることを目標とする。

そうすれば必要以上に緊張せず、余計な装飾もしなくなる。

相手は自分自身に期待しているのではなく、自分が伝える内容に期待している。

自信が無くても 準備と練習 をしっかりしておけばそんなに心配はない。

話者はエンターテイナーである必要はない。

粛々と伝えるべきことを伝えればよい。

そして、プレゼンなどで人前で話す場合、

①その日その場でどうしても話さなければいけないことをもれなく話したか

②本当に必要なメッセージを相手が理解したか

③内容に齟齬はなかったか

の三点を確認し、それができていれば成立したといってよい。

まずは苦手意識を払拭して場を重ねることが上達のコツといってよいのではないだろうか

2019年4月17日 (水)

生き残った人の7つの習慣/小西浩文

7  何かがおかしい。嫌な予感がする。そんな「異変」を感じ取り、いち早く対策をとれたおかげで、九死に一生を得たことは一度や二度ではない。

本書はプロの登山家である著者が危機管理について書いたもの。

そもそも「危機管理」とは、あさま山荘事件で陣頭指揮を執った後、初代内閣安全保障室長などを歴任された 佐々淳行氏が、英語の「risk management」を直訳したところからきた言葉。

この成り立ちからもわかるように、もともとは国家や、軍隊・警察などの組織において、不測の事態が発生した際、いかにしてそれを素早く収束して、ダメージを限定的にさせていくかということを目的としていた。

それが今や、企業経営にも使われるようになった。

危機管理で重要なことは準備である。

ありとあらゆる「危機」に直面しないように、ありとあらゆる事前準備やシミュレーションを行ない、わずかな異変も察知して、「危機」回避をしながら頂上を目指していく。

そして、五体満足で無事に麓まで「生還」をするということが、「山に登る」ということなのだ。

デス・ゾーンではほんのわずかな躊躇、わずかな迷い、そしてわずかなミスが致命的な「危機」を招く。

そうならないためには、ありとあらゆる最悪を想定し、「危機」を未然に防ぐように事前の準備を徹底的に行なう。

それでももし、「危機」が発生してしまった場合、生き残るためにどういう意志決定を下すべきか。チームを守るために非情な決断を下さなければいけない時もある。

著者は自分の経験を振り返り、山の仲間たちと語り合い、事故や遭難の状況を調べ、考え抜いて辿り着いた結論が、「危機の予兆」なのだという。

これを察知したという、ほんのわずかな差で、生き残ることができたというのである。

ちなみに危機管理の7つの習慣とは、

①危機の予兆を見逃さない。

②「目標」や「ゴール」に執着しない。

③どんな状況でも絶対に焦らない。

④「想定外」という言葉に甘えない。

⑤常に「最悪の事態」まで先回りして考える。

⑥ほかの人が見落とす「微かな異変」に気づく。

⑦「事前準備」に九割の力を注ぐ。

以上の7つ。

企業の危機管理にも共通することでなないだろうか。

2019年4月16日 (火)

2019年の世界/大前研一

2019

 世界のボーダレス化により“新興国”の経済発展が可能となり、その結果として20世紀に追求されていた理想主義的な民主主義国家ではなく、 現実主義的な“独裁型国家” が力を持つようになってきたのです。


大前氏がセミナーで2019年の世界について語ったものをまとめたもの。

その中で、現実主義的な独裁型国家が力を持つというのは、その通りになってきている。

今、世界はボーダレス化し、ものすごいスピードで変化している。

そのような世界で勝ち抜くためには、意思決定を早くすることが大事だ。

中国と同じくらいの人口がいるのにインドが経済発展できないのも、インドが民主主義国家だからだ。

民主主義は手続きに時間がかかる。

しかも合理的な正しい決定ができるとは限らない。

だから、今、世界を動かしているのは独裁者か、あるいは、独裁型政治家である。

トランプ、習近平、プーチン、金正恩・・・

彼らの政治スタイルは独裁型である。

平成の時代が終わろうとしている。

この30年間、日本は全くと言ってよいほど、経済発展していない。

平成は民主主義の限界が露見した時代といってよいのかもしれない。

2019年4月15日 (月)

「ハードウェアのシリコンバレー深圳」に学ぶ/藤岡淳一

Photo_19

 中国には「草むらに道を切り開く者は死ぬ」という言葉があるという。先行者利益ならぬ、先行者必敗の法則だ。後から模倣したほうが強いのだ。実際、中国のあらゆる分野でこの法則は繰り返されているように見える。苦労して研究開発した企業よりも、それをお手軽に模倣した企業のほうが強いのだ。

深圳は中国のシリコンバレーと呼ばれている。

深圳は今、活況に溢れている。

深圳の民間企業の活力は、成功した企業だけではない。

次なる成功者を狙って虎視眈々と爪を研ぐ人々がごまんといる。

もともと中国人は商売人気質である。

例えば「恭喜発財」という言葉がある。

誕生日などお祝いの時に使うのだが、「お金持ちになりますように」という意味である。

日本人の感覚からすると、お祝いの場で使うにはどぎつい言葉のようにも思われるが、中国人にとってはお金を稼ぐのは良きこととして捉えられている。

ましてや野心家揃いの深圳では特にその傾向が強い。

「3人集まればすぐ起業の話が始まる」と言われるほどだ。起業だけではなくて、やれどこのマンションがお値打ちだとか、日本投資は儲かるのかだとか、日本で言えば「今日はいい天気ですね」ぐらいのノリですぐお金の話になる。

一事が万事この調子。

更に中国では人を出し抜くことが善なのだ。

同じ人間が親身になってつきあってくれたかと思うと、ずる賢く騙そうとしてくる。

かと思えば、再び親身になってくれる。

熱情と聡明は相反するものではなく、両立している。

だから、中国での取引は、いつ手のひら返しがくるか分からない緊張したものとなる。

日本ならば「これまでの付き合いを考えて……」「今後の良好な関係のために……」といった情も混じってくるが、中国ではいつ裏切られるかわからない。

だから、先のことなど考えても仕方がない。

このくらいに割り切りが必要になってくる。

しかも中国人は決して自分の過ちを認めない。

日本人にはなかなか理解しがたい発想だが、彼らは「自分たちが間違えた」ことをよく知っている。

だからこそ絶対に非を認めない。

認めてしまえば賠償責任が生じる。

自分たちが間違えたからこそ、屁理屈でも逆ギレでもなんでもいいからごねて問題をうやむやにしようとする。

と、このようなことが体験談として書かれていた。

中国に進出しようとしている企業はこの点を十分に理解する必要があるのだろう。

2019年4月14日 (日)

3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則/上野光夫

Photo_18

 九州に、暴力団関係の事件に強い弁護士がいました。私が「先生はとてもタフだとお見受けしますが、精神的にきついときはどうされているのですか?」と質問しました。
 すると、「そんなときは、自分を上空 10 メートルから見ている」という答えが返ってきました。
 つまり、自分を遠くから客観的に見る意識をもつことで、タフになれるということです。


これと似たようなことは私も体験したことがある。

学生時代、長距離走で苦しくてたまらないとき、ちょっと視点を変えて、上空にいるもうひとりの自分から、苦しんでいる自分を見るように意識する。

「苦しんでる自分」を他人事のように見たとき、苦しさを乗り越えることができた。

こんな経験をしたことがある。

これ以来、苦しいことがあると、自分から離れて、もう一人の自分から、苦しんでいる自分をみるようになった。

後から、これは「メタ認知」と言われる能力だと知った。

「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の行動・考え方・性格などを別の立場から見て認識すること。

この能力が高い人は、自分が厳しい状況に陥っても、へこたれない精神力があると言われている。

この能力を高めるためには「自分を見守ってくれる別の自分をつくる」ことである。

たとえば、大切なプレゼンの場に立って緊張でこわばってしまったときに、落ち着いているもう一人の自分を横に立たせる。

すると、もう一人の自分が「聞いている人たちも人間だし、準備したとおり自然体でやれば大丈夫」と言ってくれる。

すると平常心を保つことができるようになる。

さらに場面によっては、自分以外の自分を、二人つくることも有効。

たとえば、重要な決断をしなければいけないときに、「イケイケの自分A」と「とても慎重な自分B」を想定する。

その二人は、迷っている自分にアドバイスをしてくれる。

最終的にはそのイケイケ派Aと慎重派Bの二人の自分が言う意見の、メリットとデメリットを考えて、リアルの自分自身が決断を下す。

自分を客観視できるようになれば、どんな厳しい場面に直面しても心が折れずに冷静に対処できるようになる。

「メタ認知」は日常で意外と使える手法だと思う。

2019年4月13日 (土)

デジタル時代の基礎知識『マーケティング』/逸見光次郎

Photo_17

「たくさんの人に知ってもらって」
「たくさん作ってお店に積み上げたら」
「たくさん売れる」
という時代は終わり、
「一人一人が求める情報を」
「求めるタイミングで、求める形で提案し続けて」
「何度も買い物してもらう」
という時代が始まったのだ。


マーケット(Market)」は「市場・消費者」という意味であり、それに「ING」を付けて進行形にした言葉が「マーケティング(Marketing)」だ。

つまり、「常に変化する市場・消費者」というような意味になる。

この「常に変化する市場・消費者」が今何を求めているかを考え、自社の商品・サービスに対する「顧客満足」を獲得し続けるのがマーケティングだ。

マーケティングの目的は次のようになる。

①市場・消費者に自分たちの商品・サービスを知ってもらい、「買ってみたい、使ってみたい」と思わせること

②買った人、使った人たちに、繰り返し使ってもらうこと

③使ったあとで「良かった」「悪かった」と情報発信してもらい、他の消費者に影響を与えること

④その買った人、使った人の「声」を整理し、より良い商品・サービスへと改善すること

⑤その改善点をあらためて市場・消費者に知ってもらい、「買ってみたい、使ってみたい」と思わせること

以上である。

マーケティング活動で最も重視すべき評価は、広告やWebコンテンツを「見てくれた人の数」ではない。

買ってくれた・使ってくれた結果である「 売上・利益」であり、さらに言えば「 繰り返し買ってくれた・使ってくれた人の数」こそが重要なのである。

なぜ顧客満足度が大事なのか。

それは顧客満足度が高まると、「良いものは人に伝えたくなる」という事後行動につながるからだ。

更に今はネットの時代である。

つまり双方向が可能な時代。

企業が自分の論理だけで商品を開発するのではなく、「お客さまと一緒に」商品を考える時代になった、と言える。

つまり、時代の変化に合わせてマーケティングもその意味合いが大きく変わってきているということであろう。

 

2019年4月12日 (金)

リーダーシップ・マスター/マーシャル・ゴールドスミス、他

Photo_16

 「成功して初めて報酬を受け取る」というやり方をとっているため、私たちはクライアントを 限定 せざるを得なくなった。つまり、私たちのコーチングから大きな成果を得ると思われる人しかクライアントにしないということである。


エグゼクティブ・コーチングという世界がある。

多くは経営者にコーチングし、高額の報酬を得る。

当然、優秀なコーチしかできないことなのだが、実はコーチングから大きな成果を得られるかどうかは、コーチの優秀さ以外の部分の影響が多いという。

ポイントはクライアントが本気で変わろうとしているかどうかということ。

仮に、高い地位にあり、自分が変わることに関心のない人の行動を変えようとした場合、成功する可能性はおそらくゼロだ。

多くの場合、失敗に終わる。

場合によっては、高い報酬の故に、トラブルに発展する。

最も重要なのは優秀なコーチではなく、やる気のある勤勉なクライアントの方だということである。

つまり、誰に対してコーチングするか?この段階で成功するかどうかは決まっているというのである。

これは他の仕事にも共通する。

どんなに高いレベルのサービスや高品質の商品を提供しても、その価値を認められない人には全く意味のないものとなってしまう。

「誰を顧客にするのか」が重要だということではないだろうか。

2019年4月11日 (木)

「15分ミーティング」のすごい効果/矢本治

1408e6a4c0214b7a833cff9e7d94a0c4   日本企業120社を含む世界企業760社を対象に、意思決定力と企業業績や時価総額の相関関係などを調べたデータがあります。「意思決定の効率が高い企業」と「低い企業」の過去5年間の売上高成長率などを比較していますが、前者は5年前に比べ15.5%と大きく成長していたのに対し、後者は10.6%とその差は約5%もあるのです(米ベイン・アンド・カンパニー調べ/2008年)


ミーティングにしろ、会議にしろ、うまくいっていない会社に限って正しい判断にこだわりすぎて、「決断」に時間がかかり過ぎている。

今の時代は変化が速い。

唯一正しい決断もあまりない。

100%間違いのない決断なんてない。

成功するかどうかのポイントで大切なのは「質の高い実行をしたか?」だ。

本書で紹介しているミーティングでは、「短い時間」に、「少ない人数」で、「現場のスタッフ」が、「全員参加型」で会社の方向性を理解した上で、「前向き、主体的」に、「成果の出る会話パターン」を、「繰り返して定着」、が可能になる。

ステップ1(5分)未来視点からの質問全員からの提案・アイデア出し。

ステップ2(5分)出てきた質問、提案を効率よく整理して決定。

ステップ3(5分)実行力UPのためにイメージの共有や計画を立てる。

これがミーティングの基本ステップ。

大事なことは、初めてのことでも「まずやってみよう!」という組織文化を創ること。

そして「みんな協力してくれて、あれはやってよかったね」という小さな成功体験を積むこと。

非常にシンプルな手法なので、やってみる価値はあるのではないだろうか。

2019年4月10日 (水)

ファンベース/佐藤尚之

Photo_15

 「モノやサービスを売るために、業界全体が『リーチ広告一辺倒』になっていることに危機感をもっています。
 リーチして認知を獲得したあとにどうするのか。どうやってその気持ちを継続させ、ファンにしていくのか。どうやってファンたちのライフタイムバリュー(LTV) を上げていくのか。それらをあらかじめ構築したうえでリーチしないと意味がない と思うのです。
 簡単に言うと『瞬間的なリーチは意味がない』ということです」

ファンベースとは、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていく考え方。

ベースには、土台、支持母体などの意味がある。

ファンとは「企業やブランド、商品が大切にしている『価値』を支持している人」

つまり、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていく戦略をとる必要があるというのである。

実は多くの企業でも少数のファンが売上の大半を支えている。

まり、今いるファンを大切にして彼らのライフタイムバリューを上げていくことは、収益の安定・成長に直結するのである。

ファンとは「企業やブランド、商品が大切にしている価値を支持している人」だ。

短期施策や単発施策で気づいてもらった「価値」に対する「好意」を積み重ねていくことが必要だ。

人は大好きなモノ、コトを、近しい類友に言いたくてたまらなくなる。

そのためには、ファンがオーガニックなオススメをするきっかけを作る。

言いたくなるような状況を作る。

そして言いやすくなるような環境を作るあることで。

ファンがオーガニックなオススメをするきっかけを作れば作るほど、言いたくなるような状況を作れば作るほど、言いやすくなるような環境を作れば作るほど、彼ら彼女らは類友にオーガニックなオススメを言ってくれるようになる。

そしてその類友もまた周りの類友に言ってくれるようになる。

そういう自走式サイクルを中長期で作っていくことは、ブランドや商品が売れ続けることにつながっていく。


例えば中心にたった100 人のファンがいるとして、彼ら彼女らは類友に商品のことを言いたくて仕方がない。

それぞれが10人の類友にオススメするとすると、それは1000人に強いオーガニック・リーチとして伝わる。

それがまたそれぞれ10人の類友に伝えるとすると、すぐ1万人に達する。

非常に影響力が強いオーガニックな言葉が、100人からあっという間に1万人に広がるのである。

これはリアルでもSNSでも一緒である。

今後日本は、人口急減により、顧客自体が物理的に減り続ける。

それは 100 万人都市である千葉市や仙台市が毎年ひとつずつ減っていく勢いである。

おまけに、超高齢化や少子化、独身増加などで、新規顧客の獲得はどんどん困難になっていく。

2020年、女性の半数が50歳超える。

2024 年、全国民の3人に1人が65歳以上になる。

2026年、高齢者の5人に1人が認知症患者となる。

そして2030年、団塊世代の高齢化で、東京郊外にもゴーストタウンが広がる。

だから、企業の戦略を根本的に変える必要があるということではないだろうか。

«映画とわたしたち: 映画300選/後藤裕昭、合田英樹