2019年10月14日 (月)

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた/山中伸弥

Photo_20191012061501 iPS細胞から作った心筋細胞がドクッ、ドクッと波打つ様子をはじめて見たときの衝撃がぼくの脳裏に焼き付いています。もとは皮膚の細胞だったのに、心臓のように拍動していたのです。iPS細胞から作られたさまざまな種類の細胞を見ると、いまでも不思議な気持ちになります。

本書はiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中氏の自伝とインタビューが掲載されたもの。

医学部生は卒業時、基礎医学に進むのか、臨床医になるのか、臨床医ならどの診療科に進むのか決めなければならない。

山中氏は結局、整形外科の臨床医になる道を選んだ。

そのときは、まさか自分が基礎医学の研究をすることになるとは夢にも思わなかったという。

ところが、その時の指導医の先生は、それまでの人生で出会ったどんな人ともくらべられないほど恐ろしかった。

まさに鬼軍曹。

その指導医に、研修期間の二年間ずっと「ジャマナカ」と呼ばれていたのだという。

整形外科の主な仕事は、手術をすること。

山中氏も研修で手術を任せられたことがある。

うまい人なら20分で終わるところ、2時間かかった。

整形外科の臨床医を目指す者にとって手術を満足にこなせないというのは、大きな弱点。

無力感にさいなまれる。

次第に自分は整形外科医に向いていないんじゃないか、一人前の臨床医になれないんじゃないかと悩むようになる。

しかし、ここで壁にぶつかったことが、研究者という新しい道につながった。

振り返ってみれば、この時の挫折がiPS細胞発見につながったのだから、面白い。

山中氏の好きな言葉の一つに「人間万事塞翁が馬」があるという。

まさにその通りの人生。

あきらめなければ道は開けるということではないだろうか。

2019年10月13日 (日)

ロウソクの科学/ファラデー

Photo_20191011070201

 この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ロウソクが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです。自然科学の勉強の入口として、一本のロウソクの物質的現象を考えることほど、打ってつけな、そしてはいりやすいものは、皆さんにとってありようがないと思います。

ノーベル化学賞が決まった吉野彰氏が化学への興味を持つ原点として紹介した本である。

さっそく読んでみた。

ファラデーは、1本のロウソクを用いて科学と自然、人間との深い交わりを伝えようとする。

講演の中で行われる実験の数々は、科学の面白さを余すところなく伝える。

科学に対するあこがれ、探求するあこがれをかき立ててくれる本である。

著者は本書の中で

『何か一つの結果を見たとき、ことにそれがこれまでとちがうものであったとき、皆さんは、「何が原因だろうか。何でそんなことがおこるのだろうか」と、疑問をもつことを、いつでもお忘れないことを希望いたします。』

と述べている。

多くの人が見逃してしまう現象に対して「なぜ」「なぜ」と問い続けること。

科学者の原点がこんなところにあると言っているようだ。

そして、科学者でなくても「なぜ」と問い続けることは必要なことなのではないだろうか。

2019年10月12日 (土)

暴走するネット広告/NHK取材班

Photo_20191010060801

 取材班が目の当たりにしたのは、ネット広告の急速な拡大を支える「アドテクノロジー」と呼ばれる技術の進化の裏で行われていた「儲かるならば何をやってもいい」とも言えるようなモラルを踏み外した不正、「利益が上がっているから」と不正を見て見ぬ振りをする関係者たちの無責任な態度の広がり、そして制御不可能なほど複雑に絡み合ったネット広告の流通システムだった。


本書を読んでみて、まさにネット広告の暴走が始まっているという印象を持った。

現在、主流となっている「運用型」広告を支えているのが「アドネットワーク」と呼ばれる仕組みだ。

ネット上に数多存在する広告枠を持つウェブサイトを束ねたネットワークを指す。

このネットワークを使うことで、配信事業者は、広告主から依頼された広告を多くのメディアに一括して配信・掲載することができる。

多くの配信事業者のアドネットワーク同士がつながることで、それぞれの配信事業者の間で配信先を融通し合うことができ、広告主にとってもより多くのサイトに広告が掲載されるチャンスが増えることになる。

そして、このアドネットワーク内の取引では、「広告主が出したい広告」と「掲載可能な広告の枠」がコンピューター上で自動的にマッチングされる仕組みになっている。

言ってみれば、究極の「自動入札システム」が成り立っているのだ。

ネット広告は、このアドネットワークのシステムを活用した「運用型」が圧倒的に多く、国内ではネット広告全体のおよそ8割を占めているという。

そして、ここにネット広告の暴走が起こる余地が生まれている。

広告主や配信事業者が、広告の配信・掲載先のウェブサイトの質を管理しきれないという事態が発生してしまう。

広告主のチェックの目が行き届かないことが、ネット広告の暴走を許す一因となっているのだ。

ネットメディアの多くは、ページ内に掲載されているネット広告から収益を上げる構造になっている。

アクセス数が多くなるほど、入ってくる広告料も増えるので、運営者はアクセスを集めるため、より多くの人の関心を集めるテーマ・内容の記事を書く。

ところが、粗悪なネットメディアやまとめサイトは、十分なチェック機能を備えておらず、真偽不明、もしくは誤った情報が掲載されることもある。

そして、悪意のあるフェイクニュースが掲載されることもある。

その結果、個人が誹謗中傷される人権侵害やネットリンチのような状況も起きている。

「見られたら儲かる」というネット広告の、いわば当たり前の仕組み自体を問い直す時期に来ているのかもしれない。

2019年10月11日 (金)

退屈すれば脳はひらめく/マヌーシュ・ゾモロディ

Photo_20191009065501

 人は何もしないでぼーっとしているとき、ユニークなアイディアや問題を解決する方法を思いつきます。創造性の定義にはいろいろあるけど、脳内でまったく新しい結びつきが生まれることだとすれば、それにはちょっとした助けが必要で、あなたが退屈することこそが絶好のきっかけになるんです。未来学者のリタ・キングはこれを「創造のための退屈」と名づけています。

多くの学者や哲学者が「退屈」の効果について述べている。

ニューヨーク大学の認知神経科学教授ジョナサン・スモールウッド博士はこう言っている。

「独創性や創造力と、ぼーっとしているときにふと浮かぶ発想は、ひじょうに深いところで密接につながっている」。

つまり、ひらめくためには意識的に退屈する必要があるということである。

ドイツの哲学者ショーペンハウアーは、こうした「退屈」を「特定の対象をもたない無気力な憧れ」と表現した。

デンマークの哲学者キェルケゴールは、「退屈」より「何もしない状態」という表現を好んだが、彼はそれを存在の中心的状態と位置づけ、「それが欠けている者は人間のレベルに到達していない」と考えていた。

退屈して想像力の火花が散るとき、脳内ではどんなことが起こっているのか?

私たちは退屈すると、身近なところにはない刺激を探しはじめる。

つまり、心をさまよわせることで、そういう刺激を見つけようとしているのかもしれない。

それが独創性を刺激することがある。

人はぼんやりしはじめて心が解放されると、意識的な思考を超え、潜在意識にもぐりこんで考えはじめるもの。

退屈はマインドワンダリングへの入口。

そのおかげで、脳のシナプスとシナプスがつながりだし、夕食の献立や地球温暖化への革新的な対策、その他あらゆる難問を解決できるようになる。

マインドワンダリングというのは、私たちが退屈なことをしているときや何もしていないときに脳が行う活動のこと。

研究が始まったのはごく最近。

ぼんやりすることについての神経科学の研究は、ほとんどがここ10年くらいのもの。

脳画像技術の進歩によって、人が何らかの活動に積極的に関わっているときだけでなく、ぼんやりしているときの脳の状態についても、日々新たなことがわかっている。

創造のためには「退屈」が必要なのである。

ところが、スマホは「退屈」を奪ってしまう。

著者が指摘するスマホの問題点というのはどんなものか、

第1に、人と人のつながりが希薄になる

スマホが見えるとろにあるだけで、目の前にいる相手に共感しにくくなる。

第2に、注意力の低下

人の注意力には限りがあるので、ネット上のくだらない情報をむさぼっていたらそれを使い果たしてしまう。

第3に、記憶力の低下

スマホで写真ばかり撮っていると、脳は記憶することを怠けてしまう。

第4に、文章の読み方そのものが変わる

リンクやスクロールに慣れると、長い文章や難しい文章をじっくり考えながら読み通す力が衰える。

第5に、テクノロジー産業の食いものにされる

よほど気をつけていないと、ユーザーの時間をできる限り奪おうとする優秀な頭脳集団の思うつぼになる。

そして一日のすきま時間をすべて奪われ、退屈する時間がなくなり、独創性もなくなる。

と、このようなもの。

私たちは、スマホを使うことによって無意識のうちに、本来持っている創造性を失っているのかもしれない。

2019年10月10日 (木)

デイヴィドソン 「言語」なんて存在するのだろうか/森本浩一

Photo_20191008075501

 日常的に母語で話したり書いたりしているとき、われわれは語や文の意味が当然わかっています。しかしその「意味」とは何かと聞かれても、なかなかうまく答えられません。言語哲学は、まさにこの意味とは何かという問いの探求を自らの課題としています。

私たちは言語を使うことで、何かを考えたり、考えを他者に伝達したりする。

この出来事をどう説明するかが言語を扱う哲学のテーマであり、その中心には「意味」がある。

言語を通じてなぜ人間は世界を理解したり、他者とある事柄で合意することができるのか。

これは真面目に考えると、単純なようで難解だ。

多くの哲学者や言語学者がこの問題を議論してきた。

そして、彼らは言語にはコミュニケーションを成り立たせる普遍的な共通の構造があるはずだと考えた。

しかし、デイヴィドソンは

「学習されたり、あるいは生まれつき持っていたりするものは何もない。言語使用者が習得し、現場で適用している明示的に定義された『共有の構造』という観念は諦めなければならない」

と言う。

衝撃的な言葉ある。

相互理解の共通の基盤がなければいったいどうすればコミュニケーションが成り立つというのだろうか。

独りごとがコミュニケーションではないように、コミュニケーションとは、自分とは異なる他者への意思伝達が成功したときにはじめて成立するもの。

言語の意味とは、輪郭のはっきりしたイメージや性質のリストのようなものではなく、心的には漠然としたもの。

心に描かれるものは、それが心的な現実である限りにおいて、人によって異なる。

ある個人が見ている一個のリンゴの「赤さ」の色感と「同じもの」を、他者が感覚することはできない。

要は、言語による伝達には限界があるということ。

ただ、哲学者の言葉はなんとも理解しづらいというのが実感である。

2019年10月 9日 (水)

職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決しあなたらしい人生を取り戻す方法/原田彗資

Photo_20191007075101

 パワハラの被害は、当事者の判断力を失わせ、当たり前のことができなくなったり、心身ともに疲弊してしまうような恐ろしいものです。しかし、正しい知識と対策、そしてほんの少しの勇気さえあれば、恐れるものではありません。

来年4月からいわゆる「パワハラ法」が施行される。

だが、法律ができてもパワハラがなくなるわけではない。

パワハラ問題の多くは上司の側にある。

パワハラ上司の攻撃の仕方には、2つの段階がある。

「相手を支配下に置く段階」と「精神的な暴力を振るう段階」だ。

「相手を支配下に置く段階」というのは、攻撃をしないということではない。

支配下に置くために、中傷や悪口、悪意のあるほのめかしを行っていく。

そして、いったん相手が支配下に入ると今度は、「精神的な暴力を振るう段階」に入る。

罵声、人格否定などの言葉の暴力に移行していくのは、この段階だ。

では、パワハラ上司はどのような特徴があるのだろうか。

第1に、「自分が正しい、正義である」という感覚。

パワハラ上司はどんなことに対しても自分が正しい、正義であるという確信を持っている。

第2に「自分は特別な存在だ」という感覚。

パワハラ上司は、自分のことを特別な存在だと思っている。

そのため相手に対して興味が持てず、「他人がなぜそのように考えるのか」といった感情を理解することができない。

第3に、「他人から褒めてもらうことに執着」する。

パワハラ上司は他人から褒めてもらうことに執着している。

ゆえに、他人に褒めてもらうには、いつでも自分を褒めさせるように他人との関係性をつなぎとめておく必要がある。

それがパワハラになってゆく。

パワハラ上司が部下を否定する方法は様々だ。

大げさにため息をつくという間接的なことから、冗談交じりの悪意のこもった直接的なものまである。

最初のうちは、間接的な攻撃だが、だんだんと直接的になる。

パワハラ行為は最初、些細なことから始まり、相手が抵抗すると激しさを増していく。

なぜ、パワハラ上司はこのようなことをするのか。

部下を教育するためなのか。

会社の売上を伸ばすためなのか。

答えは、自分が偉いと感じるため。

パワハラ上司は自分のことにしか興味がない人間だ。

では、パワハラ上司の下で働く部下はどうすればいいのか?

大企業であれば最近は相談窓口があるので、まずはそこで相談すること。

では、そのようなものもない中小企業ではどうするのか。

労働局の労働相談コーナーに行くのか?

それは最後の手段。

それよりも前にすべきことがある。

それは自分自身が自信をつけること。

人生には様々な「出来事」が起こりる。

そして、その出来事に対してどのように「捉えるか」によって、最終的な「結果」というものが変わってくる。

人生で起こる出来事を予め防ぐことはできないが、起きてしまった出来事をどう捉えるかは自分次第。

会社でパワハラにあったことをどのように自分自身が捉え、どのように対応していくかが鍵となる。

その鍵となるのが「前向きである」ということ。

仕事で自信をつけるためには「セルフイメージ」「長期的視点」「本当にやりたいことをする」という3つのことが大切。

この3つの項目に共通することは、全て自分次第ということ。

自信をつけるためには、ある方程式がある。

それは、「自信」=「セルフイメージ」×「成功した回数」。

つまり、自信をつけるためには、イメージと量が大切だということ。

自信がある人はどうして自信を持っているのか。

それは、「できる」という成功体験を数多く踏んでいるからに他ならない。

では、その成功体験はどうやって養っていくのか。

それは「行動する」以外に方法はないといって良い。

自信というものは、トレーニングをすることでつけることができる。

もちろん、失ってしまった自信も取り戻すことができる。

まず行動することによって、小さな成功体験を積み重ねていくこと。

これが自信につながる。

自分を守るためにも、このことは大切なことなのではないだろうか。

2019年10月 8日 (火)

会話は、とぎれていい/加藤綾子

Photo_20191006080401

「経験が浅いころよりも、長く続けてきた今のほうが、本番前に緊張するんだよね」これは芸歴40年を超えるタモリさんがおっしゃった言葉です。

本書は人気女子アナである著者の会話論である。

ただし、著者の持論を述べるのではなく、むしろ多くの会話の達人である有名人から学んだことを述べたもの。

だから、文章の終わり方はほとんど「~だ」という断言調でなく「~だと思います」という形になっている。

『人から好かれるにはどうしたら良いでしょうか。その方法を一言で言うなら、「人を好きになる」ことだと思います。』

『言ってもらえてうれしかったことや、してもらえてうれしかったことを、他の人にする。そのことを繰り返していけば、人は魅力を重ねていけるのだと思います。』

『テレビを見て笑いながらも、「自分だったらこう言う」と考えることは、会話のセンスを身につける格好の訓練になると思います。』

と、「~だと思います」で終わっている。

華やかな女子アナには珍しく、あまり自分を前面に出さない。

持論を述べることもほとんどない。

むしろこのことが好感度を高める秘訣となっているのではないだろうか。

2019年10月 7日 (月)

会社にお金を残す経営の話/椢原浩一

Photo_20191005065201

「経営者にとって最も大事なことは、売上でも利益でもない。お金だ。今、会社にいくらお金があり、それが来月の今、2カ月後の今、どうなっているかを予測することだ。そのうえで、お金がどうすれば増えるのか考えてみればいい」


本書は、本当にあった黒字化再建の実話をドラマ化したもの。

スタート時には形だけの利益。

しかも、主人公の遼は元料理人。

経営は全くの素人。

しかし、コンサルタントの指導を受けながら、4年後には余剰金が1億、

9年後には2億超にする。

どのようにして、最悪の状態からこのような状況にまでなったのか。

それは、

「限界利益だけをみる」

「売上を伸ばしても利益は増えない」

「節税をしても会社にはお金が残らない。納税をすればお金が残る」

という、たったこの三つの考え方を、主人公の遼は信じて会社の経営を行ったから。

例えば、限界利益についていえば、

会社の利益は、限界利益と固定費との関係で決まる。

売上を伸ばそうと考えるのではなく、限界利益を増やそうとすることだけに注力すれば必ず利益は増える。

余計なことは考えないことだ。

利益はお金の残高とは一致しないが、利益が増えれば手許に残るお金は増える。

この限界利益を増やすには、変動費単価、数量、受注単価のそれぞれの数値について、何度も試算してそれぞれの目標値をはじき出すこと。

同時に、実際の取り組み策も考えながら、さらにその取り組み策が実行可能かどうかも検討すること。

そうして、決定された取り組み策を社員と共有し行動に移す。

それによってお金が会社に残るようになる。

確かに、経営者にとって最も大事なことは、売上でも利益でもなくお金だ。

黒字でも倒産する会社があるのだから。

2019年10月 6日 (日)

仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣/吉田幸弘

Photo_20191004063601

 仕事が早く終わる最強のコツをご紹介します。それは、「仕事が早く終わるようになったらやりたいこと」を明確にすることです。

「毎日、仕事に追われてばかりでキツイ」などと悩んでいる人に数多くいる。

そんな人たちには、主に次のような特徴がある。

・断ることが苦手で、どんなに忙しくても仕事を請けている

・周囲の人のことを考えてていねいに仕事をしている

・相手のために無理な納期でも対応する

・資料を案件ごとに、こと細かに作成している

・責任感が強く、他の人に仕事を振らず、自分で抱え込みすぎてしまっている

大事なことは全部の仕事を完璧にする必要はないということ。

80対20の法則というのがある。

重要は仕事はせいぜい全体の20%ぐらいのもの。

だから、本当に重要な20%に力を入れて、重要性の低い80%はできるだけ適当にするべきなのだ。

でも結局は仕事を終わらせる一番の秘訣は、「どうしても仕事を早く終わらせたい」と強く思うこと。

つまり動機の部分。

それさえあれば、方法は後から出てくるのではないだろうか。

2019年10月 5日 (土)

奇跡を呼ぶ!無敵のスポーツメンタル/加藤史子

Photo_20191003063801

 現実は、二度つくられます。最初は、頭の中でつくられるのです。次に実際に現実としてつくられるのです。

今、世界ラグビーや世界陸上が行われている。

その中でメンタルの問題が取り上げられることがよくある。

メンタルがスポーツの勝敗を決めることは多い。

何を信じているのかというビリーフがすべてを決めているといって良い。

なりたい自分になるためには、何を信じることが必要なのかと考えを変えることだ。

プラスに作用するビリーフには、「やればできる」「可能性は充分ある」「人は成長するもの」「~しても大丈夫」などがある。

マイナスに作用するビリーフには「何をやってもダメ」「可能性はない」「また失敗するかも」というものがある。

ところが多くの場合、自分がどのようなビリーフを持っているか、気づいていない。

自分でさえ気づいていないビリーフがすべてを決めているのである。

メンタルブロックという言葉がある。

制限をつくっているのは自分自身の認識だということである。

そして、そのメンタルブロックが現実の限界を作る。

だから、自分が持っている制限つまりメンタルブロックを変えると現実も変わりだすのである。

「私はできる」と思えるかどうかの違いが、到達するところの違いを生み出す。

自分をどのような人間だと思い込んでいるのかというラベルを貼りかえて、最強のラベルにつけ変えるだけで、現実も大きく変わりだす。

私はどんなビリーフをもっているのだろう?

それをまず知ることだと思う。

«働き方の損益分岐点/木暮太一