« 歴史の哲学/P.F.ドラッカー | トップページ | いじめを粉砕する九の鉄則/谷沢永一 »

2010年4月11日 (日)

時間とムダの科学/大前研一・他

Img109

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える。二番目は住む場所を変える。三番目は付き合う人を変える。この三つの要素しか人間はかわらない。(P95)

時間、場所、友人の三つを変えるしか、人間が変わる方法はない、ということだが、

この中で、誰もがすぐにできることは、時間配分を変えるということであろう。

何の為に、時間配分を変えるのか。

それは、時間配分を変えることによって、投資の時間を生み出すことだと思う。

現代社会の特徴は、変化のスピードが非常に速いということ。

変化のスピードが速いということは、自分の今持っている、知識や技能というものがすぐに陳腐化してしまうということ。

では、それに対する対策は何か。

絶えず新しい知識や技能を身につけること。

そのためには、そのための時間を生み出すことである。

だから、時間配分を変えることが大切なのである。

« 歴史の哲学/P.F.ドラッカー | トップページ | いじめを粉砕する九の鉄則/谷沢永一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間とムダの科学/大前研一・他:

« 歴史の哲学/P.F.ドラッカー | トップページ | いじめを粉砕する九の鉄則/谷沢永一 »