« 謝罪の文章術/宮川俊彦 | トップページ | 負けない技術/桜井章一 »

2010年6月 4日 (金)

ワークライフ“アンバランス”の仕事力/田島弓子

Img322

「人生には偏ってでも、ひとつのことに、とことんのめりこむ時期があってもいい」・・・アンバランスまでに仕事中心の生活を続けていたことで、自分にとってこの17年間のサラリーマン生活は非常に印象深く、そして満足度の高いものとなりました。(P32)

最近、ワークライフバランスということが盛んに言われるようになってきたが、なんとなく違和感を感じる。

確かに、仕事によって健康を壊し、家族がバラバラになり、挙げ句の果て自分の命を絶つまでに追い込まれてしまうのは問題である。

その意味では、ワークライフバランスも大事だと思う。

しかし、私は、人生のある時期においては、仕事にとことこのめりこむ時期があって良いと思う。

いやむしろ、そのような時期がないと、仕事の面白さ、やりがい、成長実感というものは体験できないのではないかと思う。

特に20代、30代は、仕事にとことんのめりこむことが必要だと思う。

ワークライフバランスは、それらの経験を経た上でのライフスタイルであれば良い。

しかし、そのような経験を経ていないワークライフバランスは、どこかでおかしくなるような気がしてならない。

« 謝罪の文章術/宮川俊彦 | トップページ | 負けない技術/桜井章一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークライフ“アンバランス”の仕事力/田島弓子:

« 謝罪の文章術/宮川俊彦 | トップページ | 負けない技術/桜井章一 »