« ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 | トップページ | ランチェスター戦略一点突破の法則/福永雅文 »

2010年7月19日 (月)

すごい!段取り術/坂戸健司

Img557

段取りが悪い人は、「どういう方法でやるか」ばかり考えて、「何をどういう順番でやるのか」を考えない。だから途中でメチャクチャになるのだ。

いわば、頭の中にシナリオ(ストーリー)を描けているかどうか、ということである。そしてそのストーリーは、シンプルなものであることがポイントだ。ストーリーがシンプルであれば、臨機応変に手順を変えても混乱は少ない。(P42)

段取りの良い人、イコール仕事のできる人と考えても良いとおもう。

そして、仕事のできる人に共通して言えることがある。

それは、仕事に取りかかる前にちゃんとその仕事のゴールイメージができあがっているということ。

そして、そのゴールにたどり着くまでのシナリオが描けているということである。

仕事には必ず目的がある。

目的があるからには、必ずゴールがある。

しかしながら、仕事をやらされているという感覚でいると、

目的意識もはっきりしないまま、

そして、ゴールイメージもなく、

もちろんそこに至るまでのシナリオもなく

だだ、作業としてこなしていることになる。

そのため、イレギュラーなことが起こると、戸惑ってしまう。

シナリオが描けていないからである。

仕事に入る前に、シナリオを描く、

これは仕事のできる人になるための、重要なステップと言えよう。

« ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 | トップページ | ランチェスター戦略一点突破の法則/福永雅文 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごい!段取り術/坂戸健司:

« ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 | トップページ | ランチェスター戦略一点突破の法則/福永雅文 »