« スターバックスに学べ!/ジョン・ムーア | トップページ | マネジメント改革の工程表/岸良裕司 »

2010年7月16日 (金)

すごい人のすごい企画書/戸田覚

Img522

大ヒットした商品は、ビジネスとして間違いなく成功と言える。「そんな商品の企画書なら、きっと素晴らしいに違いない」---誰もがそう考えるだろう。

僕も、そんな予測をしていた。

ところが、それらの本が出版されると、読んでいただいた方が口を揃えて言う。

「ヒット商品の企画書って、案外普通なんだね・・・」

その通り。僕自身も取材を重ねながら、同じことを感じていた。

もちろん、これは取材させていただいた企画書を見下しての発言ではないので、ご協力くださった方にはご容赦いただきたい。

実はこれ、僕自身の書籍に対するコンセプトそのものでもあるのだ。

「企画書は常に等身大でなければならない」

逆にいうなら、正しく作っていれば等身大の内容で勝てるのだ。

我々が思い描いている「素晴らしい企画書」とは、虚像に過ぎないのである。(P4)

現代では、同じことをやっていたのでは会社は生き残れない。

常にマーケットの変化に適応した戦略を立て、常に顧客のニーズに合った新しい商品を作り続けていかねばならない。

そのために必要不可欠なのが企画書を作るスキルであり、それをプレゼンするスキルだ。

会社という組織を動かすためには、そして他の社員の協力を得るためには、その一つのステップとして、企画書を作って提案し、承認を得るというものがある。

つまり現代の会社員にとって、企画書を作るスキルは必須であるはずだ。

しかしだからと言って、「素晴らしい企画書」を作る必要はない。

「企画書は常に等身大でなければならない」と著者は言う。

「等身大の企画書」とは何だろう?

企画書を作るのは、企画を通すためである。

そのためには、その企画が相手に伝わり、相手が納得するものである必要がある。

ところが「素晴らしい企画書」は、見栄えばかりがよく、結局相手に伝わらない、納得しないということになりがちだということではなかろうか。

相手に伝わり、相手が納得する企画書であるためには「等身大」である必要があるということではなかろうか。

そして、相手に伝わり、相手が納得するためには、いくつかの基本となる要素がある。

その基本を押えた企画書が、「等身大の企画書」ではなかろうか。

« スターバックスに学べ!/ジョン・ムーア | トップページ | マネジメント改革の工程表/岸良裕司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごい人のすごい企画書/戸田覚:

« スターバックスに学べ!/ジョン・ムーア | トップページ | マネジメント改革の工程表/岸良裕司 »