« すごい人のすごい企画書/戸田覚 | トップページ | ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 »

2010年7月17日 (土)

マネジメント改革の工程表/岸良裕司

Img531

現場が高い目標にチームで合意して、サバなしのギリギリの納期にチャレンジし、わかりやすい言葉でそれが表現されていると、経営者自身がそれを理解し、優先順位をつけるようになる。すると現場は1つの仕事に集中できるようになる。(P203)

高い目標にチームで合意し、チャレンジする。

このような組織は高い生産性を持ち、成果を上げることができるだろう。

逆に言えば、こうなっていない現場があまりにも多いということである。

私が見てきた、中小企業の現場の実態は

現場の社員一人一人は、できるだけ高い目標を避けようとし、

チームでのお互いの考えの摺り合わせはまったく行わず

トップの指示命令に嫌々ながら従い

厳しい納期にぶつぶつ言いながら

ミスした場合の言い訳ばかりを考えている

といったもの。

これで成果があがるはずがない。

根本の問題は、圧倒的なコミュニケーションの量と質の不足である。

« すごい人のすごい企画書/戸田覚 | トップページ | ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネジメント改革の工程表/岸良裕司:

« すごい人のすごい企画書/戸田覚 | トップページ | ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本/田岡佳子 »