« 息を吸って吐くように目標達成できる本/和田裕美 | トップページ | サーバント・リーダーシップ/ロバート・K・グリーンリーフ »

2010年9月23日 (木)

リーダーは自然体/増田弥生、金井壽宏

Img547

上司は3年かかっても部下を見抜けないが、部下は3日で上司を見抜くとよく言われます。上司が自分の足りない部分をいくら隠しても、隠せていると思っているのは本人だけで、周囲の人たちには簡単に気づかれてしまうものです。リーダーシップがうまく成立している時、フォロワーはリーダーを完璧な人間だと思ってついていっているのではなく、このリーダーの足りない部分を支えたいだとか、このリーダーのいいところをもっと伸ばしてあげたいと思って、支援をしながらついていっています。だからこそ、リーダーは自分の足りない部分を受け入れ、周囲にも見せて、助けを求めたり、感謝しつつ協力を仰いだりすべきなのであって、結局のところ、自己受容ができるかどうかの度合いは、その人のリーダーとしての器の大きさを表しているのだと思います。(P223)

組織の中で、リーダーとして立たされた途端、自分の弱さを部下に見抜かれまいと、やたら肩肘張ってしまう人がいる。

急に態度が横柄になったり、上から目線になったり、命令口調になったり、

必死に自分の中でイメージしているリーダー像に自分を近づけようとする。

部下はそのようなリーダーをとっくに見抜いており、そのよう振る舞うことはむしろ滑稽ですらある。

そのことをわかっていないのはリーダーとして立っている本人だけである。

しかし、リーダーはもっと自然体であるべきだと増田氏は言う。

無理せず、飾らず、ありのままの自分を部下の前に見せればいいのだと。

« 息を吸って吐くように目標達成できる本/和田裕美 | トップページ | サーバント・リーダーシップ/ロバート・K・グリーンリーフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーは自然体/増田弥生、金井壽宏:

« 息を吸って吐くように目標達成できる本/和田裕美 | トップページ | サーバント・リーダーシップ/ロバート・K・グリーンリーフ »