« 関係する女 所有する男/斎藤環 | トップページ | ゴキブリだんごの秘密/松岡浩 »

2010年9月30日 (木)

働き方革命/駒崎弘樹

Img635

人は何に基づいて行動を起こすか。それは潜在意識の中にある自己イメージです。いちいち入ってくる情報を意識していては非効率ですし、日々何百万と入ってくる情報は処理できません。パターン化してある程度は自動的に処理できるようにしなくてはいけません。ゆえる潜在意識が、その自動処理の基盤になるのです。

例えば、自分はその行為ができると思えば、言い換えるとその行為が『できる人間』だと思えば、その行為をします。逆にできないと思えば、言い換えると『できな人間』である思えば、その行為はしません。つまり自己イメージは、私たちの行動を規定するのです。(P52)

潜在意識は、情報の自動処理装置のようなものだということ。

ということは、もし、自分を変えたいと思うならば、この自動処理装置のプログラムを変える必要があるということだ。

そのためにはどうするか、自分に対する自己イメージを変えることだ。

自己イメージはどうすれば変えることができるのか。

ポジティブな自己対話を繰り返すことによって、ポジティブな自己イメージを潜在意識に形成することができるということ。

たとえ、自分が今、どん底の状態にあっても、「これは一時的な状態で、やがては自分は成功する」という自己対話を繰り返すことによって、ポジティブな自己イメージが形成される。

そうすると今度はその自己イメージが潜在意識となり、日常の情報をポジティブな方向に自動処理するようになる。

結果として、自分のまわりがよい方向に変化するようになる。

いかにポジティブな自己イメージが大事かということである。

« 関係する女 所有する男/斎藤環 | トップページ | ゴキブリだんごの秘密/松岡浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働き方革命/駒崎弘樹:

« 関係する女 所有する男/斎藤環 | トップページ | ゴキブリだんごの秘密/松岡浩 »