« 逆境経営 7つの法則/水尾順一 | トップページ | じゃんけんはパーを出せ!/若菜力人 »

2010年10月 3日 (日)

上司の品格/今泉正顕

Img677

吉田松陰が「松下村塾」を開いたのは28歳のとき

江戸に送られ獄舎で死んだのは30歳のときである

わずか2年間で、縁あって出会って教えた門弟たちから

幕末維新の立役者になった幾多の人材を輩出した

あなたと“出会った”部下にも、いい人材は必ずいる(P176)

高杉晋作、久坂玄瑞、前原一誠、伊藤博文、品川弥二郎、山県有朋、

吉田松陰が2年間の松下村塾で出会った門弟たちである。

彼らは松陰との出会いによって、人生を一変させた。

2年間であっても、人の人生に決定的な影響を与えることができるということ。

人生は出会いで決まるという言葉がある。

しかし、出会いには「いい出会い」と「悪い出会い」がある。

まず自分自身が「いい出会い」を人にもたらす人でありたい。

« 逆境経営 7つの法則/水尾順一 | トップページ | じゃんけんはパーを出せ!/若菜力人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上司の品格/今泉正顕:

« 逆境経営 7つの法則/水尾順一 | トップページ | じゃんけんはパーを出せ!/若菜力人 »