« 強欲資本主義ウォール街の自爆/神谷秀樹 | トップページ | 日本人へ リーダー編/塩野七生 »

2010年11月29日 (月)

出世する人、稼ぐ人、他人に気配りできる人/高田律子

Img525

 好きでやっていることでなくても、一生懸命やっていれば、おのずと自分のやりたいことが見つかるものです。「とりあえず海外旅行に行きたいから、ホステスをやっている」という女の子もいます。そういう女の子でも、精一杯がんばっているような子は、やがて自分の進むべき道を見つけて、幸せになっています。好きな男性のもとに嫁いでいくというケースがあります。
 ひとつの道に邁進するということは、幸せなことではないでしょうか。
 ある社長もこう言っておられました。
「プロというのは、“その道以外に自分の生きる道はないと悟る”ということだよ」
現状に対して不平不満ばかり口にしている人は、どこかプロになり切れていないのではないでしょうか。(P47)

プロになるということは、「その道以外に自分の生きる道はないと悟ること」。

結局はこのことに尽きるのではないだろうか。

NHKでプロフェッショナルという番組がある。

その番組では、様々な分野でプロフェッショナルと呼ばれている人たちを取り上げ、紹介している。

それを見て感じることは、その中で出てくる多くの人たちは、ほとんどの場合、

ある何らかの理由で、その道に入り、その道に邁進することにより、

プロフェッショナルと呼ばれるにふさわしい考え方、ものの見方、スキルを身につけている。

そして、多くの場合、最初から才能にあふれた人たちではなく、

むしろ不器用さの故に、ひとつのことに打ち込むことになり、

時には、様々な挫折を味わい、それを乗り越え、

その結果プロになったというケースが大半である。

こう考えると、「プロというのは、“その道以外に自分の生きる道はないと悟る”ということ」

この言葉がいかに重いものであるかということを知らされる。

« 強欲資本主義ウォール街の自爆/神谷秀樹 | トップページ | 日本人へ リーダー編/塩野七生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出世する人、稼ぐ人、他人に気配りできる人/高田律子:

« 強欲資本主義ウォール街の自爆/神谷秀樹 | トップページ | 日本人へ リーダー編/塩野七生 »