« 非モテ!/三浦展 | トップページ | 姜尚中の政治学/姜尚中 »

2010年12月 2日 (木)

だまされ上手が生き残る/石川幹人

Img568

 人間の優れたウソつき戦術のひとつは、自分だまし(自己欺瞞)です。私たちは、無意識のうちに自分を欺いていることが、心理学者によく知られています。たとえば、7割ほどの人が「自分の能力は平均以上だ」と考えています。おかしいですよね!
 自分のウソに自分がだまされて信じ込んでいれば、それを主張するときの説得力が増します。他人をだましているわけではありませんので、偽装あばきもできません。どうしてそんなありもしないことを信じているのだと、同情(ときには糾弾)されるだけです。
 ところが、こうした「だまされやすさ」は、偽装のためだけではなく、人間が生きる上でも重要な機能を持つようです。
 精神疾患というと、精神的機能が低下するものと通常思われますが、うつ病の人は、そうではない人にくらべて、自分の評価が適切にできる傾向があります。たとえば、「自分の能力は平均以下だ」などと、ちゃんと自分の評価ができるのです。
 また、健常者は一般に、偶然のことであっても、それに自分の支配力がおよんでいるとの確信(妄想とも言えますが)をいだきやすいのですが、うつ病の人は、その度合いが低い傾向があります。結果的になにか良い出来事が自分にもたらされたときでも、それを自分の力でやったことではない、ただの偶然であると正しく判断できるということです。
 うつ病の人は、こうした現実的な判断力をもつがゆえに、自己防衛の仕組みを発動できなくなっている可能性があります。もしくは、それが原因でうつ病になったのでは、とも考えられています。(P231~233)

「だまされやすさ」は人間が生きる上でも重要な機能だと著者は言う。

確かによくよく考えてみると、自分を客観的に見れないが故に、生きていけたという部分が多いということに気づかされる。

一般的に優れた人とは、自分を客観視する能力にたけていると考えがちだが、この本を読んでみて、むしろ、自分をうまくだます、思い込む力が強い人なのではないかと考えさせられた。

考えてみれば、夢とかビジョンと言っても、微にいり、細にいり検証されたものではない。

むしろ、その夢やビジョンに、好んでだまされるという行為がなければ、それに突き進んでいくことはできない。

つまり、ある面、だまされやすさとは、生きる力なのだと言える。

« 非モテ!/三浦展 | トップページ | 姜尚中の政治学/姜尚中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だまされ上手が生き残る/石川幹人:

« 非モテ!/三浦展 | トップページ | 姜尚中の政治学/姜尚中 »