« 山本勘助はいなかった/山本七平 | トップページ | ハーバードで語られる世界戦略/田中宇、大門小百合 »

2011年3月 8日 (火)

吉本興業 使った分だけ人とお金は大きくなる!/中邨秀雄

A9r9edf

 いろいろな人から、「金の卵」の見分け方の秘訣を教えてほしいと、よく相談されます。伸びる素質のある、なしをどこで判断するのか。はっきり申します。卵の時に見て、これはいける、これは駄目だというのは分からない。人は化けるのです。
 実際、才能を見分けることができるか、実験してみたことがあります。
 NSCを卒業したタレントを二○組集めて、五分くらいの得意の芸をやらせてみました。
それを現役のプロデューサーが見て、五年後に誰が芽を出すのか予測させてみたことがあります。それは見事に外れました。当時、間寛平がその中にいまして、正直面白くなくて、あれも駄目これも駄目で、メチャクチャに悪い評価でした。真っ先に辞めていくだろうというのが、全員の一致した意見。ところが、蓋を開けてみれば、分からないもので、完全に化けてしまったのです。(P132~133)

間寛平はメチャクチャ悪い評価だったということである。

しかし、その後売れっ子になってしまった。

人材の見極め、これほど難しいことはない。

そもそも、人材を見極めることなど、できるのだろうかと考えてしまう。

確かに、性格診断テストやスキルテスト等、さまざまな分析手法がこれまでも生み出されてきた。

それによって、ある程度、仕事に対する、向き、不向き、の傾向はつかむことはできる。

しかし、それとて、絶対とは言えない。

あるいは、人を見る目に絶対的な自信を持っている人もいる。

「この人は伸びる」「こいつは駄目」と断言する人がいる。

だが、これほど危険なことはない。

人は化けるのである、

あることがきっかけで、人は変わることがある。

だからこそ、面白いと言える。

人を育てる立場の人間に一番大切なことは、謙虚さではないだろうか。

自分の目を過信しないということではないだろうか。

自分の目を過信して、人が伸びるチャンスを奪ってはならない。

« 山本勘助はいなかった/山本七平 | トップページ | ハーバードで語られる世界戦略/田中宇、大門小百合 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本興業 使った分だけ人とお金は大きくなる!/中邨秀雄:

« 山本勘助はいなかった/山本七平 | トップページ | ハーバードで語られる世界戦略/田中宇、大門小百合 »