« 運命は「口ぐせ」で決まる/佐藤富雄 | トップページ | 壊れる日本人/柳田邦男 »

2011年7月 6日 (水)

一流たちの修行時代/野地秩嘉

A9rd517

 柳井は人と会食はしない。財界人や政治家とも付き合わない。午後5時になると社を出て、自宅に戻り、本を読みながら仕事について考える。ストイックに見えるけれど、彼にとってはそのほうが楽だし、そうやって四六時中、仕事のことを考えているのが体質になっているのだろう。そして、彼はまだまだ修業を続け、まだまだ成長を望んでいる。(P26~27)

今や日本を代表する企業に成長したファーストリテイリングの会長兼社長、柳井正氏。

しかし、そのスタートは決して順調ではない。

縁故でジャスコに入社したもの、すぐ辞めてしまい、その後はフリーター生活。

父親から「戻ってこい」と言われ、小郡商事に入社。

2店舗の責任者とされたものの、7人いた従業員は1人を残してみんな辞めてしまう。

その後も悪戦苦闘を続け、現在のユニクロを築き上げる。

その柳井氏の日常は、多くの大企業の経営者とは異なる。

大企業の経営者ともなれば、政治家や財界人との付き合いは欠かせないものだ。

それによって情報を得、人脈を広げ、仕事を広げていく。

しかし、それに比べると、柳井氏の日常は地味でストイックである。

つまり、人それぞれ、自分に合った仕事のスタイルがあるということ。

とかく人は、大企業の経営者なのでこうしなければならないと、パターン化してしまう傾向がある。

また、おそらく周りもそのようにアドバイスするであろう。

しかし、もし、柳井氏が、そのようなアドバイスに従い、他の経営者と同じことをしていたら、どうなっていただろう。

おそらく、現在のユニクロはないだろう。

人はそれぞれ、自分に合ったスタイルがある。

そして時には愚直なほど、自分のスタイルを貫くことも必要だということであろう。

« 運命は「口ぐせ」で決まる/佐藤富雄 | トップページ | 壊れる日本人/柳田邦男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一流たちの修行時代/野地秩嘉:

« 運命は「口ぐせ」で決まる/佐藤富雄 | トップページ | 壊れる日本人/柳田邦男 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ