« 35歳からの「脱・頑張り」仕事術/山本真司 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »

2011年10月 3日 (月)

日本人の9割に英語はいらない/成毛眞

Bt000013161700100101_tl   現在、世界で起きている問題のほとんどが欧米発である。リーマンショックのせいで世界中を不況に陥れ、世界一化石燃料を消費して地球環境を破壊し、世界一戦争を起こしているのもアメリカである。
  わざわざ、このような英語圏の人と同類になり下がる必要はない。英語を勉強しなければいけないという強迫観念にとらわれている人は、無批判に欧米人の考えを受け入れ、英語業界のカモ予備軍になりかけているのである。
  今日本人に必要なのは、日本という母国を深く知り、自分なりの考えをしっかりと持ち、日本語でしっかりと伝えられる“日本人力”である。
  本当はそういう人間こそ、海外で通用するグローバルなビジネスマンなのである。

成毛氏は英語がまったく必要ないといっているわけではない。

日本人の1割は英語が必要、ただ、残りの9割は必要ないといっているわけである。

ところが、現状は本当に英語を必要とされる1割の人間はその必要性に無自覚で、残りの9割は逆に英語が必要だと思い込まされている、というもの。

だから、英語を本気で勉強するのは1割の人間でよい。

そして、必要性を本当に感じれば、ビジネス英語 であれば半年必死に勉強すれば身につく。

また、必要に応じて身につけた英語でなければ、使える英語にはならない、と言う。

私自身は、英語の必要ない9割に属する。

だから、英語は勉強する必要がないと思っている。

ところが、今の世の中、英会話を身につけなければ時代の流れに乗り遅れてしまうとやたらにあおる雰囲気がある。

楽天やファーストリテイリングは社内の公用語を英語にした。

小学校でも英語を学ぶことになった。

特に若い人たちは、これに煽られてしまいがちだろう。

しかし、若い時にはもっと身につけなければならないことが山ほどある。

成毛氏は「英会話を習うより、本を読め」と言っている。

英会話では英語以上のことは学べないが、読書は世界中のさまざまな分野の知識が得られる。

英語はあくまでコミュニケーションの道具。

問題は相手に伝えるべき中身をその人が持っているかどうかということ。

まずは自分自身をしっかりと養うべきだ。

「今日本人に必要なのは、日本という母国を深く知り、自分なりの考えをしっかりと持ち、日本語でしっかりと伝えられる“日本人力”である」と、

まったく同感である。

« 35歳からの「脱・頑張り」仕事術/山本真司 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今さら英語を習ったり覚える時間労力を考えたら、通訳を雇った方がいいとは思いますが、やっぱりちょこっと海外旅行した時とかに、お喋りできるいいんですよねぇ~。
こういう本のタイトルには、ほっとしますが・・・

Lisaさん、いつもコメントありがとう。
私も正直、英語を自由自在にしゃべれたらなー、と思うことがあります。
アメリカ映画なども、字幕なしで観れたらどんなに楽しいだろうって・・・。
要は優先順位の問題で、英会話を本格的に身につけるには、何かを捨てなければならないということですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の9割に英語はいらない/成毛眞:

» 英語・英会話速習法 [英語・英会話が短期間で上達する学習法]
英語学習に役立つ人気教材及びYouTube動画を中心に紹介しています。 [続きを読む]

« 35歳からの「脱・頑張り」仕事術/山本真司 | トップページ | 韓国はなぜ反日なのか/吉井英一 »