« 行動分析学マネジメント/舞田竜宣+杉山尚子 | トップページ | 〈わかりやすさ〉の勉強法/池上彰 »

2011年10月11日 (火)

オンリーワンは創意である/町田勝彦

9784166606535  全員が席につくなり、私は切り出した。
 「シャープの将来について、私の考えをみなさんに説明したいと思い、お集まりいただきました。当社の経営理念は、“いたずらに規模のみを追わず、誠意と独自の技術をもって”という一文から始まっています。これからのシャープの目ざすべき姿は、ナンバーワン企業ではなく、オンリーワン企業であると考えます。つまり、世界の中で、独自の特長がキラリと光る企業です。そして、その“オンリーワン経営”の柱になるものこそが、液晶です。私は、国内で販売するテレビのブラウン管を、21世紀に向けてすべて液晶に換えたいと思います」突然の私の発言に、居合わせた誰もが、信じられないといった表情を向けた。(P10)

今でこそ、AQUOS(アクオス)といえば、液晶テレビの世界的な代名詞となっているが、

当時シャープは、特徴のない企業であった。

テレビ事業も肝心のブラウン管は外部調達、

自前のテレビすらもつくることのできない企業だった。

そんな中、町田氏のこの宣言だ。

内容は液晶テレビへの選択と集中。

ここからシャープはブランドの構築へと邁進する。

そしてやがてAQUOSをトップブランドに導く。

また、その過程で「日本で製造業を極める」と宣言し、液晶テレビの生産拠点として三重県に亀山工場を建設する。

それは日本中から「メイドインジャパン」復活として喝采を浴びた。

シャープ激動の10年の軌跡は、21世紀の日本企業のあり方、方向性に、大いなる示唆を与えてくれる。

そしてそのスタートは、町田氏の社長就任間もない時期の、この宣言から始まった。

リーダーシップとは何かを考えさせられる言葉だ。

« 行動分析学マネジメント/舞田竜宣+杉山尚子 | トップページ | 〈わかりやすさ〉の勉強法/池上彰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンリーワンは創意である/町田勝彦:

« 行動分析学マネジメント/舞田竜宣+杉山尚子 | トップページ | 〈わかりやすさ〉の勉強法/池上彰 »