« 佐藤可士和の超整理術/佐藤 可士和 | トップページ | 挫折と栄光 世界チャンピオン浜田剛史の時代/佐瀬稔 »

2011年10月14日 (金)

心を整える。/長谷部誠

Bt000013252400100101_tl  僕は取材などで「長谷部さんは運がいいですね」と言われることがある。「いいですね」と言われれば、「いいです」と答える。確かにそれは事実だけれど、どこかしっくりこない。「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助さんが言うように運というのは、自分が何か行動を起こさないと来ないものだと思っているからだ。(中略)
 以前、代理人のロベルト佃さんと運について話したことがある。ロベさんはアルゼンチンのことわざについて教えてくれた。
 「スペイン語で運(la suerte)は女性名詞。だから、アルゼンチンの人たちは『運を女性のように口説きなさい』と言うんだ。何も努力しないで振り向いてくれる女性なんていないだろ?それと同じで、運もこちらが必死に口説こうとしないと振り向いてくれないんだ」
 異性を口説くのと同じように、運も口説きなさい。ユーモアがあって、堅苦しくなくて、僕はこのアルゼンチンのことわざを一発で好きになった。

長谷部誠はサッカー選手としては、わかりやすい武器があるわけではない。

試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけでもない。

だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心人物だ。

主将として出場した南アフリカワールドカップでの決勝トーナメント進出、アジアカップでの優勝。

彼は一体何を持っているというのか。

それはこの本のタイトルにもなっているように、心を「整える」こと。

実践することはいたってシンプルながら、だからこそ、慌しい現代では意識をしないと難しいもの。

何事も、力を抜いて無理なく自然体で行うことは、意外と難しいものだ。

しかし、自然体で行うといっても、何も努力しないことではない。

むしろ、本書を読むと、長谷部選手が人一倍努力てきたことがよくわかる。

だからこそ、「運というのは、自分が何か行動を起こさないと来ない」ものだと言えるのだろう。

« 佐藤可士和の超整理術/佐藤 可士和 | トップページ | 挫折と栄光 世界チャンピオン浜田剛史の時代/佐瀬稔 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心を整える。/長谷部誠:

« 佐藤可士和の超整理術/佐藤 可士和 | トップページ | 挫折と栄光 世界チャンピオン浜田剛史の時代/佐瀬稔 »