« 深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―/沢木耕太郎 | トップページ | イノベーションの作法/野中郁次郎、勝見明 »

2011年12月 7日 (水)

深夜特急6―南ヨーロッパ・ロンドン― /沢木耕太郎

Bt000012946700600601_tl   これが旅の本当の終わりだ。電報を打ったら、あとは日本に帰るだけだ。しかし、不思議なことに日本に帰るということにまったく実感が沸かない。(中略)
  日本に帰ることはできる。だが、帰ることに現実感がない。喜びも沸いてこなければ寂しさがあるわけでもない。妙に無感動なのだ。ロンドンの中央郵便局へ電報を打ちに行くというのは、この長い旅の一応のクライマックスではあるのだ。別に頭の中でファンファーレが鳴り響く必要もないが、それらしい感慨があってもよさそうなものではないか。

著者は無事ロンドンへ到着し、いよいよ1年以上にもわたる旅の終わりを迎えようとしている。

あとは帰りの航空券を買い、日本に帰るだけ。

旅の途上で、何度この場面を想像したことだろうか。

そもそも、自分で選んだこの旅。

それが困難であればあるほど、それをやり遂げた時、どれほど満足感と充実感に満たされるだろうと想像したかもしれない。

しかし、いざ、その場面を迎えた時は「無感動」だったという。

でも、案外そうなのかもしれない。

なぜなら、ある一つのことをやり遂げたということは、それで「ジ・エンド」ではないのだから。

次の瞬間から、また新たな生活が始まるのだから。

また新たな目標に向けてのスタートを切らなければならないのだから。

結局、人生とは、この繰り返しなのかもしれない。

« 深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―/沢木耕太郎 | トップページ | イノベーションの作法/野中郁次郎、勝見明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜特急6―南ヨーロッパ・ロンドン― /沢木耕太郎:

« 深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―/沢木耕太郎 | トップページ | イノベーションの作法/野中郁次郎、勝見明 »