« 百年続く企業の条件 | トップページ | 最強の経営参謀/山田有人 »

2011年12月15日 (木)

君は第二次大戦を知っているか/中野五郎

Znp4d 私は、自由、公正な戦史家として、太平洋戦争を第二次世界大戦の視野から調査、研究しているが、このような文部官僚と日教組の対立、抗争のために、太平洋戦争の真実を、それぞれの政治的立場を守るために、勝手に歪曲したり、変造したりして、日本の次代をになうべき若い青少年大衆にたいし、誤った戦争認識をあたえたり、あるいは敗戦無視を教えたりすることには大いに反対する。
なぜなら、そのような姑息な、近視眼的な太平洋戦争観こそ、かえってこの戦争の貴重な教訓を忘れて、平和な民主日本をふたたびつぎの戦争へ、知らず知らずのうちに巻きこみ、引きずりこむ危険がきわめて大きいからである。英国の世界的軍事評論家リデル・ハートがつねに強調しているように、「平和を欲するならば、戦争を理解することである」という警句は、けっして欧米諸国にかぎらず、日本の場合にも、ピタリと当てはまるだろう。
すなわち、私たち日本人が、われわれの子孫代々のために、あらゆる努力を惜しまず、平和を守りぬく覚悟であるならば、まず、なによりも、太平洋戦争の、もろもろの苦い教訓を正確に知り、戦争の起因と責任までも、厳正に理解することが必要である。

ドイツ初代宰相のビスマルクは、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と語ったという。

人間は過去、何千年にも渡って戦争という愚かな行為を繰り返してきた。

人類の歴史が始まって以来、世界中の何処かで戦争が行われてきている。

「正義の戦争」という考え方もあるにはあるが、基本的に戦争は悪だと私は考える。

しかし、では、平和を叫べば平和になるのか。

歴史を学んでゆくと平和主義者が戦争の原因を作り、引き金をひいてしまったことすらある。

日本人は歴史に学ぶことが下手である。

いや、失敗にすら学ぶことができない。

日本軍は、ある作戦が失敗すると、その原因などを分析するのではなく、失敗を覆い隠すことをしていた。

作戦を立てた指揮官は、いつのまにか後方部隊などに配置転換されていた。

このような行動は非常にもったいない話である。

平和を欲するが故に、戦争に向き合う必要がある。

リデル・ハートが「平和を欲するならば、戦争を理解することである」と言ったように。

« 百年続く企業の条件 | トップページ | 最強の経営参謀/山田有人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君は第二次大戦を知っているか/中野五郎:

« 百年続く企業の条件 | トップページ | 最強の経営参謀/山田有人 »