« なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか/若宮健 | トップページ | 世界一幸福な国デンマークの暮らし方/千葉忠夫 »

2012年2月 5日 (日)

わが愛する孫たちへ伝えたい戦後歴史の真実/前野徹

_  東京裁判史観=自虐史観は、わかりやすく言えば、自己否定、卑屈、盲従、無定見をもたらす精神構造の形成です。事実、現在の日本人は何の批判精神も持たず、思考を停止させ、ただ大勢に盲従し、精神的には奴隷のごとき境遇に甘んじています。人が人として生きてはいないのですから、自分自身の存在すら肯定できません。
  自己がないどころか、自己を否定しながら生きる。これでは自尊心や自立心が生まれるはずもなく、自分を粗末にする若者たちが激増しました。自分を大切にできない人間には、他人に対するやさしさや思いやりも芽生えません。いま最大の問題となっている日本人の精神の荒廃は、東京裁判から始まっています。

健全な人格形成には、正しい自己イメージを持つ事が必要だ。

歪められた自己のイメージを持つと、自信過剰、自己絶対化に陥ったり、逆に自信喪失、自己卑下の状態に陥る。

そうなってしまうと、その人は人間関係をうまく築けなかったり、物事をひねくれて受け止めたりと、様々な問題を抱えることになる。

特に困難に直面したとき、自己に対するイメージを正しく持っていれば、乗り越えることもできるのだが、そうでない場合は、乗り越えられないどころか、それが致命傷になり、二度と立ち直れなくなってしまうことすらある。

これは個人の自己に対するイメージの影響についてだが、国家についても同じことがいえる。

国家に対する正しいイメージを持っていないと、健全な国家の形成に影響が出てくる。

特に、ここで言われている自虐史観を持っていたのでは、自分の国に自信を持てなくなる。

これから日本は、多くの困難に直面する。

超高齢化社会、少子化、人口の減少、地球温暖化、増税、等々・・・

これを乗り越えるには、もう一度日本人が自分の国家に対して正しいイメージを持つ事だ。

それさえしっかりと持てるようになれば、どんな困難にも立ち向かい乗り越えることができるだろう。

その意味で、自虐史観は軽視できない問題である。

« なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか/若宮健 | トップページ | 世界一幸福な国デンマークの暮らし方/千葉忠夫 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/53909668

この記事へのトラックバック一覧です: わが愛する孫たちへ伝えたい戦後歴史の真実/前野徹:

« なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか/若宮健 | トップページ | 世界一幸福な国デンマークの暮らし方/千葉忠夫 »