« 人生を選び直した男たち/竜門冬二 | トップページ | すべては音楽から生まれる/茂木健一郎 »

2012年3月11日 (日)

だから、潰れた/山本ちず

51wgoso6bvl__sl500_aa300_   さて、転職雑誌の回覧といえば、この時期になってとうとう妻帯者の主任とチーフも、本格的に転職を考えるようになっていました。その証拠に、ウチの部署で流行っていたのは、いい証明写真をとってくれる写真館を探すことでした。値段と質と枚数のバランスを見ながら、あっちの店はいくらで何枚、こっちの店はヨボヨボのおじいさんが撮影するから、写りがイマイチ、などせっせと情報交換に勤しんでいました。
  それから、転職活動に必須の職務経歴書をまとめはじめたのもこのころ。普通の転職ならば、夜家でコッソリ書き上げるシロモノですが、私たちは場合が場合ですから、会社で堂々と書き進んでいました。記憶が曖昧な仕事に関しては、
「あの仕事やったのいつごろだったかなぁ~?」
「あ、それは去年の夏ぐらいだったと思いますぅ~」
  という風に、まるでテスト前の学生のようにお互い確認しながら、共同作業で仕上げていったのでした。

本書は、著者自身が入社1年目にして巻き込まれた、某アパレルメーカーの倒産劇。

新人OLであった著者が見た倒産までの顛末が赤裸々に書かれている。

なるほど、こうやって会社は潰れるのだな、と興味深く読んでしまった。

ワンマン創業社長と取締役“愛人”本部長、減り続ける宣伝費、わけの分からない新店舗出店…、そしてある日、債権者が会社に押し寄せる。

よく会社が危機的状況になると、「こんな時こそ全社一丸となって、この危機を乗り越えよう」とトップが呼びかけるものだが、ここまでくると、このような呼びかけはむしろマイナス。

通常、社員は自分たちのことしか考えない。

会社が危ないとなれば、次のこと、つまり転職を考えはじめる。

そして、自宅等を担保に取られている経営者は全てを失う。

「シビアなものだな」とつい思ってしまった。

« 人生を選び直した男たち/竜門冬二 | トップページ | すべては音楽から生まれる/茂木健一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから、潰れた/山本ちず:

« 人生を選び直した男たち/竜門冬二 | トップページ | すべては音楽から生まれる/茂木健一郎 »