« 会社は変われる!/魚谷雅彦 | トップページ | 若者はなぜ正社員になれないのか/川崎昌平 »

2012年5月 7日 (月)

ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る

Lvmh これからの時代、精神的な充実を求める声が一段と高まり、物質主義は後退するでしょう。企業も例外ではなく、もはや購買欲や物質的満足を満たすだけでは顧客を呼べません。成功するには、それ以上のものが必要です。利潤の追求だけにこだわらず、新しい目標を設定することが生き残る条件になります。人々の生活に意味を与えること、例えば人道的支援を行うブランドを買うことで、消費に意味を与えることが重要です。それができるのは、キャッシュ・フローと四半期毎の業績だけを追い求めるアメリカ型の巨大多国籍企業の模倣から脱した企業だけだと思います。

ベルナール・アルノーは、ルイ・ヴィトン、ヘネシー、クリスチャンディオールを筆頭に欧米40以上のブランドを傘下におさめ、年商1兆円を超える国際企業グループLVMHのCEO。

その、ベルナール・アルノーが、自らの生い立ちから、私生活、LVMH社の創設にから現在に至るまでの経緯、そしてビジネスにおける哲学から今後の戦略までを率直に語っている。

ここではっきりと語っているのは、これからはアメリカ型の巨大多国籍企業の模倣から脱した企業だけが生き残るということ。

本書は、2003年の著書だが、この時すでに次の時代を予見しているのは見事だ。

確かに今、世界で、アメリカ型のモデルが破綻しそうになっているのをかいま見ることができる。

「物質主義は後退する」

「人々の生活に意味を与える」

「人道的支援を行うブランドを買うことで、消費に意味を与える」

これらすべては今まさに起こっている、または起ころうとしていることである。

アメリカの経営者とはまた違った視点で経営を考えているところが非常に新鮮である。

« 会社は変われる!/魚谷雅彦 | トップページ | 若者はなぜ正社員になれないのか/川崎昌平 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る:

« 会社は変われる!/魚谷雅彦 | トップページ | 若者はなぜ正社員になれないのか/川崎昌平 »