« デフレの正体/藻谷浩介 | トップページ | ディズニーランド「キャスト」育成ノウハウ/小松田勝 »

2012年5月16日 (水)

「戦う組織」の作り方/渡邊美樹

Photo リーダーは本当に「部下を育てる」ことなどできるものなのだろうか?これについて、私ははなはだ疑問だ。
 人は勝手に育つもの。伸びる人間は、白分で考え、挑戦して失敗し、また挑戦して壁を乗り越えながら、自分で成長していくものだ。
 だから経営者や上司が「俺があいつを育ててやる」などと考えるのは、大きな自惚れだと私は思っている。

人は「育てる」ものなのか、それとも「育つ」ものなのか?

よく言われることである。

私の実感としては「育つ」のであって、「育てる」ものではない、というもの。

私自身、誰かから育てられたという感覚はもっていない。

もし、そんなことを思っている人がいるとしたら、すごく違和感を感じるであろう。

多くの場合、自分の限界を超える仕事を与えられ、ギリギリのところで頑張ってやっとそのミッションを達成したとき、本当に成長実感を感じるものだ。

ただ、人は育つものだ、といって、放置してよいということではない。

育っていける環境を整えたり、育つきっかけを提供することは必要だ。

スポーツ選手が、試合を重ねるごとに能力を開花させていくように、いくら高い資質を備え、伸びようとする意欲を持っている人でも、環境ときっかけを得なければ、育つことはできない。

だが逆に環境さえ与えてあげれば、伸びるべき人物は勝手に伸びていくものなのだ。

上司の仕事とは、「おれがコイツを一人前に育ててやる」と大上段に構えることではな、育つ環境を整え、チャレンジングな仕事を与え、サポートすることではないだろうか。

« デフレの正体/藻谷浩介 | トップページ | ディズニーランド「キャスト」育成ノウハウ/小松田勝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦う組織」の作り方/渡邊美樹:

« デフレの正体/藻谷浩介 | トップページ | ディズニーランド「キャスト」育成ノウハウ/小松田勝 »