« トヨタ生産方式を創った男/野口恒 | トップページ | ミカドの肖像/猪瀬直樹 »

2012年6月25日 (月)

知的勉強法/齋藤孝

Photo  井上陽水さんが「普段はビートルズばかり聴いていて、ビートルズだけは異常に詳しい」とインタビューに答えているのを読んだことがあります。その時、そんな大物一点豪華主義勉強法があるのだと驚きました。もちろん、陽水さんは好きで聴いていただけでしょうが、結果的に優れた勉強法になっていたと思います。
  周知のように、井上陽水が作る音楽はビートルズとはかけ離れていますが、しかし、おそらくビートルズからあらゆる要素を得ているのではないでしょうか。コード進行から詞とメロディの絡み、シャウトのしかたに至るまで全てを吸収した上で、自分の中のマイ古典となっているのでは、と推測します。ビートルズが理解できたなら、そこには多彩な要素がぎっしり含まれていますから、さまざまな場面で引っ張り出せるはずです。それは知識というより、自分の体の中で骨や血をつくる栄養素として染み込んでいるような気がします。そこまで体に染み込ませられるのは、やはり対象自身が魅力的だからです。

現代は、学校教育で学んだ知識だけでは、過酷なビジネス社会では生き残ることが難しくなってきている。

学校を卒業した後も、働きながら何らかの学びを続けていかなければ、やがては粗大ゴミのように世の中から捨てられてしまう。

こんな社会がよいか悪いかは別にして、やはり自分の身は自分で守っていかなければならない。

そんな中、著者は、自分なりの勉強法を持つことを勧めている。

本書では、様々な「○○勉強法」が紹介されているが、

表記の文章は、その中の一つ、「大物一点豪華主義勉強法」からの抜粋。

大物一点に絞り、徹底的にエキスを吸収する方法は、合理的かつモチベーションの継続にもつながるような気がするので、これだったら私にも適用できそうな気がする。

ところで、井上陽水が「ビートルズ」なら、私にとっての大物は誰なのだろうか。

ちょっと考えてみても良いような気がする。

« トヨタ生産方式を創った男/野口恒 | トップページ | ミカドの肖像/猪瀬直樹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知的勉強法/齋藤孝:

« トヨタ生産方式を創った男/野口恒 | トップページ | ミカドの肖像/猪瀬直樹 »