« 史伝 吉田松陰/一坂太郎 | トップページ | まずは1社3年働いてみなさい!/樋口弘和 »

2012年8月11日 (土)

星野仙一 決断のリーダーシップ/島村俊治

Image  私は長年、スポーツ放送のアナウンサーという仕事にたずさわってきた。その経験から言えることは、優れた選手のほとんどは、ある種のさわやかな決断力を感じさせるものがあったということである。
  もちろん、その現れ方はさまざまだ。話しているときでも、言葉のはしばしにそういう決断力を感じさせるタイプ。逆に、表面はおっとりしていて、どちらかというと優柔不断タイプに見えるが、じつは鋭い決断力を内に秘めたタイプなど。
  これはどうしてか。考えてみると、やはりスポーツというものが、つねに決断を必要とするものだからではないか。もっとわかりやすくいえば、スポーツはつねに「思い切り」を必要とするからではないか。
  試合やレースなど、プレーをするまえに、いろいろイメージを思い描いたり、作戦などを立てて臨むことはあるだろう。だが、いざ始まれば、そういう「思い」を「断ち切って」全力でプレーする。そうしなければ、たぶんいい結果はついてこない。スポーツとは、そういうものだ。
  スポーツ選手たちは、そういうプレーを繰り返すことによって、自然にある種の決断力を身につけていくのだと思われる。

そもそも決断力とは何を意味しているのだろう。

似たような言葉に判断力がある。

では決断力と判断力とはどうちがうのだろう。

それは実行が伴うかどうかではないだろうか。

では実行するためには何が必要なのか。

それは上記の引用文にあるように「思い切り」ではないだろうか。

「思い切り」とは「思い」を「断ち切る」こと。

百パーセント、正しい決断は誰にもできない。

だからつい躊躇してしまう。

しかし、躊躇した状態のままだと物事は何一つ進まない。

そこで必要なのが「思い切り」、つまり「思い」を「断ち切る」こと。

今、ロンドン・オリンピックが行われているが、

どうして私たちはスポーツに熱中するのか。

それは選手たちがそのプレーの局面局面で決断し、行動し、その結果がすぐに表れるからではないだろうか。

今日は早朝からサッカーの日韓戦をやっていた。

結果として日本は負けてしまった。

おそらく試合に負けた選手たちは、それぞれの局面で自分の判断や決断が間違っていたことを悔やんでいることだろう。

「あの時、思い切ってタックルしていれば」

「あの時、不用意なパスを出していなければ」

「あの時、あのスペースに走り込んでいたならば」・・・等々、

正しく判断したが躊躇して決断できなかったことを悔やんだり、

決断そのものが間違っていたことを悔やんでいることだろう。

しかし、そのようにはっきりと結果が出るから成長するとも言える。

はっきりとした結果がでなければ成長する機会も失ってしまう。

つまり早く成長するためには、たとえ間違っていても思い切って決断すること。

決断し続けること、だと言える。

そしてそれはスポーツに限らず、すべてのことに共通して言えること。

スポーツを「決断力」という視点で観るのもまた面白い。

« 史伝 吉田松陰/一坂太郎 | トップページ | まずは1社3年働いてみなさい!/樋口弘和 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野仙一 決断のリーダーシップ/島村俊治:

« 史伝 吉田松陰/一坂太郎 | トップページ | まずは1社3年働いてみなさい!/樋口弘和 »