« 心にナイフをしのばせて/奥野修司 | トップページ | 青年社長(下)/高杉良 »

2012年10月27日 (土)

青年社長(上)/高杉良

51tbsgtqqcl__aa278_pikin4bottomrigh 国や人種は違っても、人間は老いも若きも、男も女も、食事をしているときにはほんとうにに楽しいし、幸せだと思うんです。キエフのホテルのレストランや、ロンドンのパブや、パリのカフェ、ローマのパブ、ニューヨークのライブハウス・・・・・・。いろんな場所でいろんな人と仲良くなりましたけど、必ず食事、飲食が介在しているんですよねぇ。飲食は人を幸福にしてくれます。だから外食産業を通して、多くの人々と出会い、ふれあい、安らぎの場所を提供できたら、どんなにすばらしいことか。そう考えて外食産業を起こしたいと考えたんです。

本書はワタミフードサービスの創業者、渡邉美樹氏の創業から東証2部上場までを描いたノンフィクション。

全て実名で書かれている。

渡邉氏は、まだ小学生だった頃、父親の会社の倒産を味わい、大人になったら社長になると決意する。

大卒後、佐川急便のセールスドライバーで事業資金を貯め、「つぼ八」のフランチャイズ店をはじめ、お好み焼き店「唐変木」やサントリー系の居酒屋「白札屋」を次々と出店する。

渡邉氏の著書「夢に日付を」で述べられているように、夢に向かってやるべきことを決め、一つ一つ実現していく。

実際、その行動力やエネルギーはどこから来るのであろうか。

一つは子供の頃、父親の経営する会社が倒産したという体験。

もう一つは、上記抜き書きにあるように、大学卒業後、北半球の旅をしたときの体験ではないだろうか。

事業を興すことは大変なことである。

想定外のことがどんどん起こる。

実際、ほとんどの起業家が3年以内に夢破れ失敗する。

その中で、起業に成功し、さらに上場を果たすには何が必要なのか。

それは「何のためにこの事業を興すのか?」という志、原体験というものではないだろうか。

そして、これは多くの成功した経営者が共通して持っているものである。

« 心にナイフをしのばせて/奥野修司 | トップページ | 青年社長(下)/高杉良 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青年社長(上)/高杉良:

« 心にナイフをしのばせて/奥野修司 | トップページ | 青年社長(下)/高杉良 »