« 日本のいちばん長い日/半藤一利 | トップページ | ハケン芸人/田中イデア »

2012年12月 8日 (土)

ブレないリーダー/武田斉紀

9784904899168 ではなぜ福知山線の脱線事故は起こってしまったのでしょうか。
 安全が第一であることは、運転手だってわかっていたはずです。同社の企業理念を知らない一般の人にだってわかります。公共交通機関が最優先すべきことは安全以外にありません。つまり……。彼が安全を最優先することを何かが邪魔していたと考えるべきです。
 それはすなわち同社のリーダーたち、トップである社長、そして彼の上司たちがブレていたからです。企業理念では「安全第一」を掲げていながら、普段は「安全も大切だが、定時運行を優先しろ!」と現場で安全を預かるメンバーたちに伝えていたのです。
 言葉で直接的にかどうかはわかりませんが、叱ること、反省文を書かせることで現場の運転手が、いざというときに「安全」を優先することを邪魔していたのです。

リーダーに求められることの一つに「ブレない」ことがある。

では「ブレる」とはどういう状態のことを指すのだろう。

言っていることがコロコロ変わる、朝令暮改、などはその代表例だろうが、

一番の問題はやはり言行不一致ということであろう。

言っていることとやっていることが違う、

これほどリーダーの信頼を損ねることはない。

ではどうして言行不一致になってしまうのだろう?

それは「何を大切にしながら、何を目指すか」が明確になっていないからだと著者はいう。

そしてブレないリーダーになるためには次の三つが大切だという。

一つ目は「自分は結局どうありたいのか」を突き詰めていくこと。

二つ目は、「自分は結局どうありたいのか」について素直になること。

三つ目は、メンバーの声をよく聞くこと。

あとはそこから導き出された自分の考えを「信念をもって真摯に」ブレることなく伝え続ければいい。

それがリーダーに最低限求められること、だと。

今、選挙戦の真っ只中だが、各党の党首にそのようなものがあるのだろうか。

よく見極める必要がある。

« 日本のいちばん長い日/半藤一利 | トップページ | ハケン芸人/田中イデア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレないリーダー/武田斉紀:

« 日本のいちばん長い日/半藤一利 | トップページ | ハケン芸人/田中イデア »