« 新しい市場のつくりかた/三宅秀道 | トップページ | 生き方/稲盛和夫 »

2013年1月25日 (金)

「応援したくなる企業」の時代/博報堂ブランドデザイン

41xfwb3ondl__aa278_pikin4bottomrigh 博報堂生活総合研究所が2009年に興味深い調査をしている。「これまで常識だとか、当たり前だとか思っていたが、あらためてよく考えると変だなと疑問に思うこと」を、全国の15~69歳の男女3340人に聞いたところ、世の中には「そもそもどうして」と思えるものが数多く存在することがわかった。たとえば、つぎのようなことだ。
・そもそも、会社でネクタイをするのはどうして?
・そもそも、昼休みはなぜ12~13時に決まっているの?
・そもそも、なぜ1日3食なの?
・そもそも、会社が新卒の社員しか採らないのはどうして?
・そもそも、会社の休暇日数が少ないのはなぜ?
・そもそも、役所や銀行はなぜ土日に休むの?
・そもそも、携帯電話はなぜ多機能なの?みんなそんなに使わないのに・・・・・・。

世の中には、改めて考えてみると、変だなと思うことが意外と多いものである。

そのためには、「そもそも」と問いかけてみることが大切。

「そもそも、会社でネクタイをするのはどうして?」から、クールビズの発想が生まれるかもしれない。

「そもそも、携帯電話はなぜ多機能なの?」に疑問を持てば、シンプルな携帯電話が生まれるかもしれない。

つまり、ちょっと視点を変えてみれば、意外な発想やビジネスチャンスの種がゴロゴロ転がっているということである。

「そもそも発想」を持ち、現状の前提に疑問を持ち続けることが、これからの時代にはとても大切なことではないだろうか。

« 新しい市場のつくりかた/三宅秀道 | トップページ | 生き方/稲盛和夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「応援したくなる企業」の時代/博報堂ブランドデザイン:

« 新しい市場のつくりかた/三宅秀道 | トップページ | 生き方/稲盛和夫 »