« 池上彰の政治の学校/池上彰 | トップページ | 帝国ホテル厨房物語/村上信夫 »

2013年2月20日 (水)

経済の自虐主義を排す/三橋貴明

Photo 歴史問題では見事な態度で自虐史観を否定する政治家であっても、なぜか経済的自虐史観からは脱却できていない。彼らと経済について会話をすると、「人口が……」「少子化が……」「アジアの成長が……」「高齢化が……」「地域の衰退が……」「国の借金が……」など、会話の節々から経済的自虐史観に染まったフレーズが聞こえてくる。この種の経済的自虐史観を何とか打破しないことには、日本国は繁栄の道へと進むことができない。

日本は長い間歴史問題で自虐史観が支配していた。

そしてそれと同様に、日本には経済的自虐史観があると著者は主張する。

確かに、今、押し進められているアベノミクスに対して、大手新聞社、テレビ局、経済評論家の多くは反対派あるいは慎重派である。

一挙してネガティブキャンペーンを張っているような形である。

先日もテレビのニュースを見ていると、円安による灯油価格の高騰で苦しんでいる東北の一家族の様子を報道していた。

円安になれば当然そのような現象が起こるだろうし、また今後、仮に物価が上昇すれば、当然、苦しむ庶民が出てくるだろう。

問題は、それをあたかも日本の庶民の大部分が不利益を被っているように大げさに報道し、したり顔でコメントするキャスターである。

確かにマスコミには、権力のチェック機能がある。

しかし、その守備範囲を超えた悪意の感じられる報道があまりにも多い。

著者はそれを経済的自虐史観と言う。

そして、本書ではそれを名指しで批判している。

これを読むと如何に日本のマスコミが偏った報道をしているかがよく分かる。

« 池上彰の政治の学校/池上彰 | トップページ | 帝国ホテル厨房物語/村上信夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済の自虐主義を排す/三橋貴明:

« 池上彰の政治の学校/池上彰 | トップページ | 帝国ホテル厨房物語/村上信夫 »