« 企業参謀ノート「入門編」/大前研一 | トップページ | シニアシフトの衝撃/村田裕之 »

2013年3月 5日 (火)

自責社員と他責社員/松本洋

Photo 私たちが提唱する「自責」とは、自分を責めてみじめな気持ちになることではなく、自分にも責任の一端があるのではないかと考え直すための仕組みです。
 そして「他責」で考えがちな現象に対して、「自責」の視点を持ち込んでみると、それまではしようがないと思いがちだったことに対して、驚くほど、自分ができたはずのことが見えてきます。

これまで多くの人と接してきて分かったことがある。

それは、年齢を重ねると共に成長していく人とそうでない人がいるということ。

そして、その違いは物事がうまくいったときと、うまくいかなかったときも最もよくあらわれる。

物事がうまくいったとき、成長しない人は全て自分の手柄だと思う。

成長する人は、他の人の支援があったからこそ、うまくいったのだと思う。

逆にうまくいかなかったとき、成長しない人は全て人のせいだと思う。

成長する人は、自分に根本原因があると思い、原因を究明しようとする。

ほんのちょっとした物事の受け止め方の違いだが、これを5年10年と積み重ねると、圧倒的な違いとなってあらわれる。

「自責」と「他責」

これが大きな差をもたらす。

物事の本質とは意外とシンプルなものである。

« 企業参謀ノート「入門編」/大前研一 | トップページ | シニアシフトの衝撃/村田裕之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自責社員と他責社員/松本洋:

« 企業参謀ノート「入門編」/大前研一 | トップページ | シニアシフトの衝撃/村田裕之 »