« 聖書に隠された成功法則/松島修 | トップページ | スーパーフリーエージェントスタイル/与沢翼 »

2013年4月18日 (木)

ビジネスマンのための「行動観察」入門/松波晴人

Photo  コナン・ドイルの有名な小説の主人公である名探偵シャーロック・ホームズは、その優れた観察眼で、ワトソンの思いもよらぬことに気付き、その気付きから事件を解決することができる。そのシャーロック・ホームズの有名な言葉がある。それまでワトソンが何度も昇り降りしてきた階段について、ホームズが訊ねた場面の一節である。

 君は観察(observe)をしていない。ただ見ている(see)だけだ。私が言いたいのは、観察するのと見るのとは全然違う、ということだ。(『シャーロック・ホームズの冒険』より筆者訳。

 あなたも、「見る」だけでなく、ぜひホームズのように「観察」をしてほしい。

本書の主題、「行動観察」とは「経験」を科学する手法である。

これまで科学の対象となっていなかった「経験」を科学することによって、様々なイノベーションを起こし、付加価値の創造と生産性の向上をもたらそうとする試みである。

例えば優秀な営業マンとダメ営業マンとはどこが違うのか。

単なるやる気の違いではない。

「経験」が違うのである。

もっと具体的にいえば、経験によって習得した行動が違うのである。

だったら、優秀な営業マンの行動を観察し分析することによって、ポイントとなる行動を明確にし、それを真似すれば誰もが優秀な営業マンになれるのではないか?

そのような試みが行動科学である。

ここで問題となるのは「見る」という行為である。

普通の人は、ただ見ている(see)だけの行動を、行動科学では観察(observe)する。

次に、人間工学や心理学など、人間に関する知見を駆使して「観察」した人間の行動を「分析」する。

そして実態とその分析をもとに「改善」する。

これが行動科学である。

まだ一般化されていないが、大きな可能性を秘めた手法ではないだろうか。

いろんな場面で活用できそうだ。

« 聖書に隠された成功法則/松島修 | トップページ | スーパーフリーエージェントスタイル/与沢翼 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマンのための「行動観察」入門/松波晴人:

« 聖書に隠された成功法則/松島修 | トップページ | スーパーフリーエージェントスタイル/与沢翼 »