« 伝え方が9割/佐々木 圭一 | トップページ | お金と人生の真実/本田健 »

2013年5月31日 (金)

壁を越える技術/西谷昇二

Photo  どんな些細なことでも、どんな「いびつ」なものでも、自信のカケラを寄せ集めたものは、自分の成功の型となっている。自分では「型」と認識できなくても、それは成功のひな型となっている。
 新しいことに取り組むとき、人は自分自身の過去の成功体験をなぞっている。
 どんなものでも上達するための王道は、まず型を覚えることだ。

著者は、代々木ゼミナールのカリスマトップ講師。

受験という枠を超え、さまざまな壁を前に立ち向かう人へメッセージを送っている。

多くの成功者は型を覚えることの重要性を強調する。

これは、スポーツ選手、芸術家、経営者等々、共通していることだ。

どんなことでも、能率よく上達しようと思えば、まずは基本、型をみっちりやる。

野球なら素振り、柔道なら受け身、相撲なら四股、サッカーならトラッピング。

それを身体が覚えるまで、何百回、何千回と繰り返す。

同様に、成功にも型があるという。

成功体験を分析すると、そこには一定の成功の型がある。

まずはそれを「型」として認識すること。

そして、これを意識できるレベルまで引き上げる。

次にその「型」を身体が覚えるまで繰り返す。

成功体験を脳が覚えるまで、条件反射となるまで覚え込ませる。

それによって成功をつくりあげることができる。

ポイントは、自らの成功体験から型を見つけ、それを続けること。

シンプルだが、とても大事なことだ。

« 伝え方が9割/佐々木 圭一 | トップページ | お金と人生の真実/本田健 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/57494080

この記事へのトラックバック一覧です: 壁を越える技術/西谷昇二:

« 伝え方が9割/佐々木 圭一 | トップページ | お金と人生の真実/本田健 »