« 世界でも珍しい「謝罪会見」という光景/マッド・アマノ | トップページ | 心の扉をひらく「万能の鍵」/ラルフ・ウォルド-・トライン »

2013年5月15日 (水)

生命の暗号/村上和雄

Photo_2   人間関係の基本はギブ・アンド・テイクと一般には考えられているようです。たしかにうまくいっている人間関係や取引関係は、ギブ・アンド・テイクで収まっていることが多いものです。
  「親孝行」も「義理」も「恩義」も、根底にギブ・アンド・テイクがあると思われています。でも心構えとしてはギブ・アンド・ギブが正解ではないかと私は思っています。遺伝子をONにもっていきたいのなら、ギブ・アンド・ギブのほうがはるかに効果的です。

ギブ・アンド・テイクというといかにも合理的な考え方のように思われる。

ところが、遺伝子的には必ずしも合理的ではないという。

著者によると私たちの持っている遺伝子にはONとOFFの作用があるという。

そして遺伝子をONにすれば誰もが無限大の能力を開花できるという。

遺伝子をONにさせる要素は3つある。

遺伝子自身と環境と心の働きである。

この中で一番誤解されているのは遺伝子自身。

よく「親の遺伝だからしょうがない」という人はがいるが、これはその典型。

自分の中には優れた要素があることを忘れてしまっている。

そうでなければ、天才の出現は説明できない。

天才は代々引き継がれてきた遺伝要素が何かのきっかけにONになった人。

「トンビがタカを生む」というのがこれ。

人間の遺伝子の中には、代々の先祖だけでなく、人類すべての可能性が宿っている。

だから、自分の中の遺伝子をONにすることにもっと注力すべし、ということ。

そして、遺伝子をONにするには、ギブ・アンド・ギブの考え方が効果的。

ギブ・アンド・ギブの典型は母親と赤ん坊の関係。

母親は赤ちゃんにひたすらギブ・アンド・ギブで見返りを求めない。

しかし、それによって至上の満足感、幸福感を与えられる。

そういう心境のとき遺伝子のONが起こっているのだという。

つまり、遺伝子的には、ギブ・アンド・ギブが最も合理的な考え方だといえる。

考えてみれば、世の成功者といえる人は、ギブ・アンド・ギブを実践している人が多いのではないだろうか。

« 世界でも珍しい「謝罪会見」という光景/マッド・アマノ | トップページ | 心の扉をひらく「万能の鍵」/ラルフ・ウォルド-・トライン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/57390179

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の暗号/村上和雄:

« 世界でも珍しい「謝罪会見」という光景/マッド・アマノ | トップページ | 心の扉をひらく「万能の鍵」/ラルフ・ウォルド-・トライン »