« 壁を越える技術/西谷昇二 | トップページ | 日本語教室/井上ひさし »

2013年6月 1日 (土)

お金と人生の真実/本田健

Photo  お金に、あなたのすばらしい人生を邪魔させないでください。家族、友人、子供、両親との間にお金を介在させると、せっかくの愛情が台無しになってしまいます。
 つまるところ、人生は思い出でできています。そのために、お金と時間を使ってください。将来が不安なために今あるお金を使わないという生き方は、寂しすぎます。

お金が好きか嫌いかは別にして、多くの人はお金の問題で苦しむ。

今問題になっている消費税も、年金も、アベノミクスも、すべてお金に関わる問題である。

「こんなことをやりたい」「あんなところに行ってみたい」と思っても、すべてお金の問題が立ちふさがる。

生きている限り、お金と無関係な生き方をすることは不可能である。

その意味では、お金とどのようにつきあっていくのか?は大きな問題だ。

著者はお金とのつきあい方には三つあると言ってる。

第一は、お金の奴隷になるという生き方。

お金の奴隷になっている人は、思ったよりたくさんいる。

お金のために仕事にしがみついている人。

お金のことでパートナーを批判したり、攻撃する人。

お金のために、夢をあきらめた人。

みんなお金の奴隷になってしまった人たち。

第二に、お金の主人になるという生き方。

お金の主人になっている人は、たくさんお金を稼いだり、資産を築くことで、自分は偉いと勘違いしてしまっている人。

お金があれば、何でもできると考え、まわりの人を屈服させたり、わがままを言ってもいいと信じている。

第三に、お金と友人になるという生き方。

お金と友人になっている人は、お金を楽しんで稼ぎ、楽しんで使える人。

健康的につきあっている人にとって、お金は、やりたいことを応援してくれる親友になる。

イメージでいうと、ホテルのコンシェルジュデスクのような存在で、理想の人生をつくる協力をしてくれる。

自分の望みを叶えてくれる心強い応援団で、しかも、一瞬で行動してくれる。

そして、多くの人にとって、お金と友人になる生き方がもっとも幸せな生き方となるだろう。

少なくとも、お金に自分を人生を邪魔されたくないものだ。

でも、そのためには、ある程度お金を稼がなければならないのだが。

« 壁を越える技術/西谷昇二 | トップページ | 日本語教室/井上ひさし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金と人生の真実/本田健:

« 壁を越える技術/西谷昇二 | トップページ | 日本語教室/井上ひさし »