« 時間の習俗/松本清張 | トップページ | パール判事の日本無罪論/田中正明 »

2013年6月11日 (火)

人生を成功に導く質問力/谷原誠

Photo  正しい自問自答のフォームを身につけている人はまず、「思ったような結果は得られなかったが、良かった点もあるはずだ」というふうに自己肯定から入ります。それをじっくり検証した後に、「では、うまくいかなった理由はどこか? 改善できる点はないか?」について熟考していきます。長所を伸ばすことと、短所を改善することを同時に進めているので、短期間でバランスよく自分を高めることができます。

質問には他者に対するものと自分自身に対するものがある。

自分自身に対する質問を自問自答という。

人が成長するためには、自分自身を深く見つめる必要がある。

そのためには自分に質問すること、即ち、自問自答を繰り返す必要がある。

自問自答力を持っている人は、「なぜ、自分には運が足りないのか?」まで深く掘り下げ、運が向くようあらゆる努力をしていくもの。

成功者には、自責のみがあり、他責はありえない。

注意したいのは、自問自答は、あくまでも自分を高め、よりよい方向に導くために行っていることをつねに意識すること。

なぜなら、一歩間違えると、自問自答は自分を責めることになってしまうから。

間違った自問自答のフォームを身につけている人は、「なぜ、こんなことができないんだ」「あそこもここも悪かった」「準備が足りなかった」と自己否定を繰り返してしまう。

最終的に行き着くのは、「自分はなんてダメな人間なんだ」という心境。

これでは自信を喪失し、ますますものごとがよい方向に進まなくなる。

そうならないためには、自問自答をする場合、自己肯定から入ること。

これによって、自問自答がマイナス方向に進むことを回避することができる。

大事なポイントだ。

« 時間の習俗/松本清張 | トップページ | パール判事の日本無罪論/田中正明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生を成功に導く質問力/谷原誠:

« 時間の習俗/松本清張 | トップページ | パール判事の日本無罪論/田中正明 »