« 知っておきたい日本人のアイデンティティ/瓜生中 | トップページ | ファーガソンの薫陶/田邊雅之 »

2013年7月 7日 (日)

医者に殺されない47の心得/近藤誠

47  「このぐらいからは治療したほうがいいよ」という高血圧の基準が、たいした根拠もなくどんどん下がっているんです。長い間、最高血圧の基準は160㎜Hgだったのが、2000年に140に、2008年のメタボ検診ではついに、130にまで引き下げられています。
 50歳を過ぎたら「上が130」というのは一般的な数値ですから、たいてい高血圧患者にされ、降圧剤を飲んで「治療」するハメになる。
 その結果、薬品業界はホクホクです。1988年には降圧剤の売り上げがおよそ2千億円だったのが、2008年には1兆円を超えて、20年間で売り上げが6倍に伸びています。血圧商法、大成功ですね。

日本人位医者の好きな民族はいないといわれる。

ちょっと風邪をひいた位でも医者にいって、注射をうってもらったり薬をもらったりする。

でも、風邪の原因はウイルスなので、基本的には休養を十分にとって体力を回復させる以外にない。

高血圧症については、順次基準が引き下げられているが、その基準に当てはめると、50歳以上の人の半分以上が患者になってしまう。

実は私自身、2年前、目眩がして病院にいったところ、血圧を下げる必要があると言われ、降圧剤を飲むように言われた。

確かに薬を飲むと血圧は下がるのだが、かえって身体がシャキッとしなくなる。

身体全体からエネルギーがなくなってしまうような変な気分になり、結局、薬を飲むのはやめた。

おそらくあのまま薬を飲み続けていたら、一生飲み続けることになっただろう。

結局、医者に行くのも行かないのも、自分で決めればそれでよいのではないだろうか。

他からとやかく言われる筋合いはないと思う。

« 知っておきたい日本人のアイデンティティ/瓜生中 | トップページ | ファーガソンの薫陶/田邊雅之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医者に殺されない47の心得/近藤誠:

« 知っておきたい日本人のアイデンティティ/瓜生中 | トップページ | ファーガソンの薫陶/田邊雅之 »