« ファーガソンの薫陶/田邊雅之 | トップページ | スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル »

2013年7月 9日 (火)

日本人を操る8つの言葉/デュラン・れい子

Photo  日本では流暢に話すことがいいと思われているが、それは違う。日本人の英語は、いつまでたってもジャパニーズ・イングリッシュなのだ。とくに発音において、生っ粋のイギリス人やアメリカ人と同じようにしゃべろうと思う必要はない。
 それよりも大切なのは、自分が相手に伝えたいことを持つこと。
 その伝えたいことが相手にとって重要であったり驚きであったりすれば、どんなブロークンなジャパニーズ・イングリッシュであっても、相手は耳を傾けようとするだろう。それでこそ、その人の人間性を初めて理解してもらえるというわけである。
 その基本が哲学、そうフランス人は考える。「ディべート」という言葉が、最近日本でもよく使われるようだが、そういう物事を論理的に考え、相手を説得する能力が哲学の時間に養われるのだと、私はつくづく思ったものである。

企業の海外進出に伴いグローバル人材の必要性が叫ばれるようになってから、英語熱が高まっている。

中には楽天やユニクロのように英語にを社内の公用語にする企業も現れてきた。

このこと自体は間違っているとは言えないのだが、問題はそれによって本質的な部分を見失ってきていないかということ。

英語はあくまで相手とコミュニケーションをとるための道具であり手段。

著者もいっているように、肝心なことは「どう伝えるか」ではなく「何を伝えるか」の部分。

この議論があまりなされていないところに大きな問題がある。

以前読んだ本に、海外に進出する企業が本当に求めているのは、「グローバル人材」ではなく「グローバルリーダー」だと書いてあったことを印象深く覚えている。

要するに中身が大事だということである。

« ファーガソンの薫陶/田邊雅之 | トップページ | スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/57758355

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人を操る8つの言葉/デュラン・れい子:

« ファーガソンの薫陶/田邊雅之 | トップページ | スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル »