« わかりあえないことから/平田オリザ | トップページ | MAKERS/クリス・アンダーソン »

2013年7月 2日 (火)

会話がとぎれない!話し方66のルール/野口敏

Photo 身近な人がネガティブな気持ちを語り出したら、まずは、その気持ちを受け止めてあげてください。
「僕は、この仕事に向いてないんじゃないかなと思うんですよ」
と言われたら、
「向いてない気がするの?」
こんなふうに、相手の気持ちをわかってあげる言葉を送ります。
そうすれば、彼は自信がなくなった話と、その不安を吐き出すでしょう。

会話はキャッチボールだと言う。

キャッチボールなので、相手の投げる球はしっかりと受け止めなければならない。

また投げるときにも、相手が捕りやすい球を投げる必要がある。

これがキャッチボールという意味。

しかし、これがなかなかできない。

まず相手の投げる球をしっかりと捕っていない。

つまり相手の投げかける言葉やその裏に隠されている気持ちを受け止めていない。

これだと会話が続かない。

当たり前のことなのだが、これがなかなかできない。

本書にはこのような会話を続けるための基本的なポイントについて記されている。

著者が言っているのは、会話を続けるのはスキルだということ。

スキルであれば、練習すれば誰もが身につけることができるということである。

« わかりあえないことから/平田オリザ | トップページ | MAKERS/クリス・アンダーソン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/57708060

この記事へのトラックバック一覧です: 会話がとぎれない!話し方66のルール/野口敏:

« わかりあえないことから/平田オリザ | トップページ | MAKERS/クリス・アンダーソン »