« アメリカは日本経済の復活を知っている/浜田宏一 | トップページ | 「1秒!」で財務諸表を読む方法/小宮一慶 »

2013年7月17日 (水)

あの戦争は何だったのか/保阪正康

Photo  私はこれまで、太平洋戦争中に戦争指導者たちが行ってきた「大本営政府連絡会議」を始め、様々な会議の資料をずいぶん当ってきた。しかし、一度として「この戦争は何のために続けているのか」という素朴な疑問に答えた資料、あるいは疑問を発する資料さえ目にしたことがない。
 彼らが専ら会議で論じているのは、「アメリカがA地点を攻めてきたから、今度は日本の師団をこちらのB地点に動かし戦わせよう」といった、まるで将棋の駒を動かすようなことばかりであった。それで二言目には、「日本人は皇国の精神に則り……」と精神論に逃げ込んでいってしまう。物量の圧倒的な差が歴然としてくるにつれ、彼らは現実逃避の世界に陥っていくしかなかった。
 資料に目を通していて痛感した。軍事指導者たちは〝戦争〟しているだけなのだと。おかしな美学に酔い、一人悦に入ってしまっているだけなのだ。兵士たちはそれぞれの戦闘地域で飢えや病いで死んでいるのに、である。

本書は「あの戦争はなんだったのか?」という著者の素朴な疑問から書かれている。

本当に真面目に平和ということを考えるならば、戦争を知らなければ決して語れないだろう。

歴史を語ろうとすると、必ず「侵略の歴史を前提にしろ」とか「自虐史観で語るな」などといった声が湧き上がる。

戦争が良いか悪いかの善悪二元論で語りたがる人がいる。

日本人はやたらレッテルを張りたがる。

しかし戦争というのは、善いとか悪いとか単純な二元論だけで済まされる代物ではない。

あの戦争にはどういう意味があったのか、何のために310万人もの日本人が死んだのか、事実を事実としてきちんと見据えなければならない。

そして、著者が多くの資料や体験者のインタビューを積み重ねてきてわかったことは、当時、誰一人「この戦争は何のために続けているのか」という素朴な疑問に答えられるひとはいなかったという事実。

これはひどい。

「何のために」という目的を持たない組織は必ず内向きになる。

足の引っ張り合いが常態化する。

例えば、「大本営発表」

どうしてあのような虚偽の発表が行われたのか?

それは「陸軍」と「海軍」の足の引っ張り合いが原因。

戦争の後半になると、両軍お互いの意地の張り合いが、目に付くようになっていく。

バカげたことに、それぞれが自分たちの情報を隠しあってしまう。

大本営「陸軍報道部」と「海軍報道部」が競い合って国民によい戦果を報告しようと躍起になる。

やがてそれがエスカレートしていき、悪い情報は隠蔽されてしまう。

そして虚偽の情報が流されるようになっていく。

「大本営発表」のウソは、この時期からより肥大化が始まる。

まさに組織の末期症状である。

「日本は太平洋戦争において、本当はアメリカと戦っていたのではない。陸軍と海軍が戦っていた、その合い間にアメリカと戦っていた」などと揶揄されてしまう所以である。

「あの戦争は何だったのか?」

これは歴史家が語ればよいのではない。

平和を求める一人一人が、自分の中に何らかの答えを持つべきではないだろうか。

« アメリカは日本経済の復活を知っている/浜田宏一 | トップページ | 「1秒!」で財務諸表を読む方法/小宮一慶 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/57807484

この記事へのトラックバック一覧です: あの戦争は何だったのか/保阪正康:

« アメリカは日本経済の復活を知っている/浜田宏一 | トップページ | 「1秒!」で財務諸表を読む方法/小宮一慶 »