« 韓国併合への道 完全版/呉善花 | トップページ | 捏造だらけの中国史/黄文雄 »

2013年9月 5日 (木)

歴史認識を問い直す/東郷和彦

Photo それでは、いかにして「対話」による正常化をなしとげるのか。
 私は、日本側から言うべきことは、一つだと思う。
「前提条件をつけずに話しあいましょう」
 別の表現で言うならば、お互いに、自分が言いたいことは全部言いあう、すなわち、「相手の言いたいことは全部聞く」ということになる。
 外交では、自分の意見を主張するのは当然である。しかし、外交の本義は、相手の言うことを徹底的に聞くことから始まる。
 現在の日本では、戦後の外交実施の過程で、相手の言うことばかり聞き、自分の言うべきことを十分に言ってこなかったという国民的な印象がある。当たっているところもあれば、当たっていないところもあると思う。しかし その結果、相手の言うことを聞くということがいかに大切かという外交の本義が、ほとんど聞かれなくなっている。
 逆接的に聞こえるかもしれないが、日本は今こそこの外交の本義を正面から思い起こさねばならないと思う。
 なぜなら、外交の失敗の後には、戦争があるからである。

今、日本と中国、韓国との間がおかしくなっている。

両者ともネックになっているのは領土問題である。

お互い引くに引けない問題であるというのはわかるのだが、

問題はそれによってお互いのトップがいまだに会っていないということ。

対話の道が閉ざされているということ。

これが一番の問題。

著者の言う通り、外交の失敗は戦争である。

威勢のいいことをいっても、戦争になれば多くの命が失われる。

誰もそんなことは望まないはずである。

歴史を見てわかることは、やらなくてもよかった戦争があまりにも多いということ。

日本が対話の道を開こうとしても相手が拒否したらどうしようもないのだが、

それはそうとして、日本としては対話を再開するためにあらゆる努力をするべきだろう。

なぜなら、外交の失敗は戦争なのだから。

« 韓国併合への道 完全版/呉善花 | トップページ | 捏造だらけの中国史/黄文雄 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史認識を問い直す/東郷和彦:

« 韓国併合への道 完全版/呉善花 | トップページ | 捏造だらけの中国史/黄文雄 »