« キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる/野津卓也 | トップページ | 「反日」包囲網の正体/水間政憲 »

2013年9月13日 (金)

なぜ、シマウマがトップ営業マンなのか?/加納光

Photo 彼らは、生まれながらにして「営業の才能」を持った「天才型の人」ではありません。
 努力と工夫で「トップの座」を手に入れた苦労人ばかりです。その全員が、口を揃えていうのは「売ろうとするほど売れない!」ということばかりでした。
 さらに、彼らはこんなことまでいい出しました。

「お客様は、とにかく売りつけられる臭いに敏感です。
 それは、シマウマがライオンに狙われるくらい怖いことです
 セールスマンは、お客様と同じシマウマじゃなければいけません。
 ライオンの臭いがする人は、絶対に断られてしまうんです。
 断られるセールスマンは、ライオンの臭いがするんです。」

昔「販売は断られた時から始まる」というタイトルの本があった。

E.G.レターマンというアメリカのトップセールスマンが書いたベストセラーなのだが、

実際には、セールスは断られたら、もう、おしまいである。

実は、セールス関係の書籍には、このようなものが多い。

かつて私も、セールスの仕事に長年携わってきたので、トップセールスマンの書いた本を随分読んだことがある。

正直言って、内容は普通の人にはまねできないことである。

いわば、本人の自慢話。

「俺はこんなに凄いことをやってきた、どうだ、お前たちには真似できないだろう・・・」

と、いった感じである。

そして、世の中に定着しているトップセールスマンのイメージもそれである。

しかし、実際には、口下手で、気が弱く、押しの弱いトップセールスマンが非常に多い。

そんな彼らは、決して人前で話したりしない。

本を書くこともない。

そもそも、そんなことをするのが大嫌いな人たちなのだから。

本書はそのような普通の人がトップセールスマンになるにはどうすればよいのか、そのノウハウをまとめたものである。

世の中に出回っている常識と、実態は随分違うものである。

« キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる/野津卓也 | トップページ | 「反日」包囲網の正体/水間政憲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、シマウマがトップ営業マンなのか?/加納光:

« キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる/野津卓也 | トップページ | 「反日」包囲網の正体/水間政憲 »