« トヨタの口ぐせ/OJTソリューションズ | トップページ | 勇者は語らず/城山三郎 »

2013年10月21日 (月)

トヨタの片づけ/OJTソリューションズ

Ojt  整理・整頓の定義そのものは、きわめてシンプル。次のようなものです。

・整理する=「いるもの」と「いらないもの」を分け、「いらないもの」は捨てる
・整頓する=「必要なもの」を「必要なとき」に「必要なだけ」取り出せるようにする

 トヨタの片づけのすべては、ここから始まります。

整理整頓の定義そのものはシンプルである。

しかし、その意味するところは深く、実行に移していくことは単純なことではない。

整理についていえば、これは「いるもの」これは「いらないもの」と分けていくための判断基準が毎回、問われてくる。

ということは判断基準があらかじめ定まっていないと「いるもの」と「いらないもの」を峻別することができないということ。

だからこそ、思いつきで整理を始めたとしてもうまくいかない。

身のまわりの数々のものを前にし、戸惑ってしまう。

これでは「いるもの」か「いらないもの」か判断できず、結局は何も捨てられなくなってしまう。

整頓についても同じ。

「必要なものを必要なときに必要なだけ取り出せるようにする」というが、

「何が」必要なのか、「いつ」必要なのか、「どのくらい」必要なのか、がわかっているかどうか。

それらを定めていけるかどうかが重要。

それなしに整頓を進めたとしても、モノの適切な置き場所を決めていくことはできない。

結果として、きわめて非効率なモノの配置となり、整頓のための整頓になってしまう。

こう考えると、整理整頓と一言でいうが、そう簡単に実行することはできないものであるということがわかる。

でも、整理整頓をここまで追求するところは、いかにもトヨタらしい。

« トヨタの口ぐせ/OJTソリューションズ | トップページ | 勇者は語らず/城山三郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの片づけ/OJTソリューションズ:

« トヨタの口ぐせ/OJTソリューションズ | トップページ | 勇者は語らず/城山三郎 »