« 歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い/上念司 | トップページ | タテ社会の人間関係/中根千枝 »

2013年10月 6日 (日)

不格好経営/南場智子

Photo 私は、苦しいときにふたつのことを意識する。
 ひとつは、とんでもない苦境ほど、素晴らしい立ち直り方を魅せる格好のステージだと思って張り切ることにしている。そしてもうひとつは、必ず後から振り返って、あれがあってよかったね、と言える大きなプラスアルファの拾い物をしようと考える。うまくいかないということは、負けず嫌いの私には耐えがたく、単に乗り越えるだけでは気持ちが収まらない。おつりが欲しい、そういうことだ。
 3番目を付け加えるとすれば、命をとられるわけじゃないんだから、ということだろうか。たかがビジネス。おおらかにやってやれ、と。

マッキンゼーのコンサルタントでMBAの取得者だった著者がネットベンチャーを創業する。

それまで経営者にアドバイスをする立場だったものが、実際、自分が経営する立場に立ったとき、何が起こったのか。

それは経営者の前でスマートにプレゼンするコンサルタントのイメージとは全く違う泥臭いものだった。

創業時の失態や資金集めの苦労

一見、華やかに見えるネットベンチャー創業の舞台裏で、実際は失敗の連続。

それでもなおかつ、あきらめず、成功に導いたのは、苦境に対する著者の考え方である。

一言で言えば、プラス思考と楽観主義。

これは、経営者でなくとも、苦境に立ち向かうすべての者に不可欠な心の姿勢ではないだろうか。

« 歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い/上念司 | トップページ | タテ社会の人間関係/中根千枝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不格好経営/南場智子:

« 歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い/上念司 | トップページ | タテ社会の人間関係/中根千枝 »