« 「ない」といわれたところに市場はあった!/川北義則 | トップページ | 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 »

2013年11月29日 (金)

入社10年目の羅針盤/岩瀬大輔

10 アップルコンピュータの創業者としてカリスマ的な支持を得ていたスティーブ・ジョブズ。彼がこんな言葉を残しています。

〝Why join the navy if you can be a pirate?〟
(「なぜ海軍に入るんだい? 海賊になれるっていうのに」)

 これはまさに、「ベンチャーやろうぜ」というメッセージそのものなのだと思います。

日本では、一生懸命勉強をして、いい大学を出た人たちが目指す就職先は、大企業や国家公務員などといったところである。

どんなに不況であっても、中小企業を希望する者は少数派である。

まして、最初からベンチャーを立ち上げる者などほとんどいない。

しかしジョブズからすれば、それはもったいないという。

そういった就職先というのは、安定はしているが組織の中にはレールが敷かれ、そこでやれることはだいたい決まっている。

つまりそれは、軍隊にいるのと変わらないということ。

大海原を航海するのには、海軍なんかよりも海賊のほうが楽しい。

ジョブズはそう言いたかったのではないだろうか。

« 「ない」といわれたところに市場はあった!/川北義則 | トップページ | 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入社10年目の羅針盤/岩瀬大輔:

« 「ない」といわれたところに市場はあった!/川北義則 | トップページ | 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 »