« 中国はなぜ無茶をするのか/サーチナ | トップページ | 日本の「情報と外交」/孫崎享 »

2013年11月 7日 (木)

人民元改革と中国経済の近未来/原英資

Photo かつて、筆者は若干の誇張を交え、「中国は社会主義の仮面をかぶった資本主義国であり、日本は資本主義の仮面をかぶった社会主義国だ」と述べたことがあったが、これも関志雄と同趣旨の主張である。黒田篤郎が「中国は競争の国だ」と次のように述べているのも、関志雄のいう「原始資本主義の段階」の主張をミクロの視点からサポートしている。
「三年間中国とアジアの現場を回って、最も強く感じたことは、『中国は競争の国だ』ということだった。珠江デルタの工場のラインの中で隣り合う労働者間の仕事の競争、企業や工場の間で、少しでもコストを下げ、受注を増やそうとする企業間の販売競争、上海と深、珠江デルタと長江デルタというライバル都市や地域間の企業誘致や産業開発を巡る地域間の競争など、さまざまなレベルの競争が中国の中で爆発的に拡大している。中国はすさまじい競争社会になりつつある。」

中国は様々な矛盾を抱えながら発展している。

そもそも共産党支配の中での資本主義という、相反するものを一つにしているわけだから、問題が起きて当たり前だといえる。

格差、収賄、環境汚染、人権、高齢化、バブル等々、問題をあげたらきりがない。

しかし、それにも拘わらず成長を続けている原因の一つは、中国はすさまじい競争社会であるということである。

たとえば、格差の問題も競争社会の中では成長へのエネルギーになる。

みんなが上に上がりたいと思っている社会では、それはプラスに働く。

と、同時に、その過程において様々な問題を引き起こす。

今起こっている天安門前で車両突入事件や、共産党委員会の建物付近で起きた爆発事件もその副作用と考えてよい。

これからこの国がどんな発展をするのか、あるいは途中で失速してしまうのか、識者の意見を聞いても様々である。

同じ隣国であってもの韓国であれば、距離を置くということも選択肢の一つだろうが、中国の場合、規模が規模であるだけにそれも難しいだろう。

とにかく、日本にとってお隣の国であり、影響も大きいだけに、これからも目を離せない国である。

« 中国はなぜ無茶をするのか/サーチナ | トップページ | 日本の「情報と外交」/孫崎享 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民元改革と中国経済の近未来/原英資:

« 中国はなぜ無茶をするのか/サーチナ | トップページ | 日本の「情報と外交」/孫崎享 »