« 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 | トップページ | 課長になれない人の特徴/内山力 »

2013年12月 1日 (日)

なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?/小倉広

Photo  上場前のベンチャー企業を訪問し、株価の値上がりを予測。「これは!」と思う会社の株を推奨し自らも億単位で買い入れる。そんなカリスマ・ファンドマネジャーは株を買う前に必ずその企業を訪問し、会議室とコピー機を見るそうです。
 会議室の時計が狂っている会社の株は買わない。コピー機の周りにミスコピーした紙が散乱している会社の株は買わない。それはすなわち「誰かがやるだろう」という大企業病が風土として蔓延していることを表すから、だそうです。

リーダーがチームが一丸となるリーダーシップを真に発揮するためには、部下たちのフォロワーシップが欠かせない。

「組織の8割はフォロワーシップで決まる」と言われるほど、フォロワーシップは大事である。

フォロワーシップとは、チームや成功のために、メンバーがリーダーを全力で支える影響力のこと。

このようなフォロワーシップが機能しているチームは強くなる。

ところが、実際の現場を見ていると、リーダーの足を引っ張る部下が多いのが現実。

「リーダーのくせにあんなこともできないなんて、信じられない」とか、

「なんで、オレがあんなヤツの部下にならなくちゃいけないんだよ」とか、

何かと理由をつけてはリーダーの足を引っ張る。

しかし、世の中に完璧な上司はいない。

そもそも上司は完璧である必要もない。

そしてだからこそ、フォロワーシップが必要になる。

自らの意思で、リーダーの方針に深く賛同し、自ら積極的に率先して発言・行動し、リーダーの弱みを陰でこっそりと補い、リーダーの仕事を自ら引き受け、リーダーを楽にする存在が必要である。

フォロワーシップが機能しているかどうかは何を見ればいいのか。

それは、フォロワーシップが機能してないとどんなことが起こるかを考えるとわかる。

たとえば、上記抜き書きにあるように、会議室の時計が狂っているとか、コピー機の周りにミスコピーした紙が散乱しているとか、

つまり「誰かがやるだろう」という意識が蔓延していると、このようなことが起こる。
リーダーシップとフォロワーシップ、いかにこれらが機能するチームを作るか?

大きな課題だと思う。

« 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 | トップページ | 課長になれない人の特徴/内山力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?/小倉広:

« 高井戸の蛙、世相を覗く/江上剛 | トップページ | 課長になれない人の特徴/内山力 »