« 人を動かせるマネジャーになれ!/ブライアン・トレーシー | トップページ | リー・クアンユー、世界を語る/グラハム・アリソン、他 »

2014年2月11日 (火)

繁栄し続ける会社のルール/小宮一慶

Photo 私は常々こう思っています。人間は、働きがいを感じることができれば、お尻を叩かれなくとも自ら「動く」ものだと。お客さまのために良い仕事をしようと誇りや信念を持つ社員になるよう育てていけば、そして、それにふさわしい待遇と地位を与えていけば、ますます仕事に邁進してやる気も出る。最終的には、「この会社のためなら命を懸けてもいい」と思うまでになるのです。

会社という組織は、社員一人ひとりの働きによって成り立っている。

それだけにどうすれば社員が「働きがい」をもって働いてくれるか、は重要課題である。

人はお金のためだけに働いているわけではない。

だからどんなに給料を上げても、それによって社員か働きがいをもってくれるわけではない。

むしろ、自分の作った、提供した商品やサービスがお客さまの役に立っている、とか、

自分はほかの社員から頼られていると感じると、「働きがい」高まるもの。

それによって「働くことの意義を見出すこと」ができるからである。

つまり「働きがい」とは、「働くことに意義を見出すこと」ということができる。

では、「働くことに意義を見出す」と、どうして人は働きがいを持つことができるのか。

それによって「自尊心」や「自負心」が湧いてくるからである。

自尊心とは自分はかけがえのない存在だと思う気持ち、

自負心は自分ならできると思う気持ち。

これが「働きがい」を生み出す。

いかに「自尊心」や「自負心」を社員に持ってもらえるのか?

重要な経営課題だと思う。

« 人を動かせるマネジャーになれ!/ブライアン・トレーシー | トップページ | リー・クアンユー、世界を語る/グラハム・アリソン、他 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁栄し続ける会社のルール/小宮一慶:

« 人を動かせるマネジャーになれ!/ブライアン・トレーシー | トップページ | リー・クアンユー、世界を語る/グラハム・アリソン、他 »