« ダンナ様はFBI/田中ミエ | トップページ | ハゲタカ(下)/真山仁 »

2014年3月12日 (水)

ハゲタカ(上)/真山仁

Photo「おっしゃる通り、日本には、経営のプロも再生のプロもいない。いるのは、一つの企業の中でしか通用しないルールの中で生き抜いて、たまたまトップになったという井の中の蛙だけだ。」

本書の主人公はニューヨークの投資ファンド社長鷲津政彦。

彼は強烈な妨害や反発を受けながらも、次々と企業買収の成果を上げていく。

周囲は彼をハゲタカと呼び、警戒する。

でも、そもそも放漫経営や無理な投資をし、企業をおかしくしてしまっている素人経営者こそ問題なのではないのか?

経営のプロがいないからこそ、ハゲタカが暗躍する。

そんな問題提起を鷲津は投げかける。

以前のホリエモンのフジテレビ買収騒動を思い出す。

« ダンナ様はFBI/田中ミエ | トップページ | ハゲタカ(下)/真山仁 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゲタカ(上)/真山仁:

« ダンナ様はFBI/田中ミエ | トップページ | ハゲタカ(下)/真山仁 »