« 戦略がなくなる日/小山和伸 | トップページ | 「自分で考える力」の授業/狩野みき »

2014年3月 9日 (日)

日本に殺されず幸せに生きる方法/谷本真由美

Photo「日本人はどうして時間を守ろうとしないんですか!」
 日本で働くインドネシア人が言っていたことです。日本の会社は始業時間の30分から1時間も前に出社するのに、「会議をいつまでに終わらせる」「何時までに帰る」といったことをまるで考えていません。
 会社に長くいるのが働いていることの証かのように、朝から晩まで、いつまでも会社にいて「さっさと終わらせて早く帰る」のがいいという考えが薄いのです。
 遅刻しないための1分1秒を守るよりも、数時間を無駄に過ごさないほうが、よっぽど時間を有効活用できています。そう考えると、実は日本人ほど時間にルーズな民族はいないのです。

日本人は時間をきちんと守る国民である。

そう思っていた。

電車のダイヤは秒単位で決められているし、それがきちんと守られる。

約束の時間もきちんと守る。

ところが、それは一面である。

仕事が終わる時間や、会議が終わる時間については、ルーズな国民。

確かに言われてみればそうである。

日本人の生産性が悪いのもこんなところに原因があるのかもしれない。

« 戦略がなくなる日/小山和伸 | トップページ | 「自分で考える力」の授業/狩野みき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本に殺されず幸せに生きる方法/谷本真由美:

« 戦略がなくなる日/小山和伸 | トップページ | 「自分で考える力」の授業/狩野みき »