« 日本に殺されず幸せに生きる方法/谷本真由美 | トップページ | ダンナ様はFBI/田中ミエ »

2014年3月10日 (月)

「自分で考える力」の授業/狩野みき

Photo 意見を戦わせることの少ない日本社会では、「意見」と「発信者」を「同じもの」として見る傾向があるように思います。たしかに「意見」を作った張本人はその発信者なのですが、意見を戦わせるときに、その発信者という人格がいちいち背後霊のようにすべての意見につきまとっていたのでは、その発信者に遠慮してしまって意見そのものをきちんと「味わう」ことができなくなってしまいます。

日本人は議論が苦手だと言われる。

その障害となっているものの一つが、「意見」と「発信者」を同じものとみる傾向だと著者は言う。

確かに、日本人は自分の言っていることに反対されると、自分を否定されたと受け止める傾向がある。

自分の人格を否定されたと受け止めてしまうのである。

そうすると、感情が先に立ってしまって思考停止に陥ってしまう。

議論が先に進まない。

そんなことが起こる。

また、自分が意見すると相手との関係が悪くなることが分かっているので、相手に言いたいことを言わなくなる。

結果、思考が深まらない。

こんなところに「自分の頭で考えられない人」が増える風土がある。

日本は伝統的に「和」の文化である。

争いを好まない民族である。

しかし、これがマイナスに働いているということを自覚することも必要ではないだろうか。

« 日本に殺されず幸せに生きる方法/谷本真由美 | トップページ | ダンナ様はFBI/田中ミエ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分で考える力」の授業/狩野みき:

« 日本に殺されず幸せに生きる方法/谷本真由美 | トップページ | ダンナ様はFBI/田中ミエ »