« それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと/林英恵 | トップページ | 原田泳幸の仕事の流儀/原田泳幸 »

2014年3月24日 (月)

うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ/平康慶浩

Photo「実際のところ、誰も評価ルールなんて覚えてないんですよ。制度導入時に評価者研修は実施しましたけど、その後私は任から外れたので知りません。私がその後研修を受けてないってことは後任は実施してないんでしょう。評価基準だって長々と書いてあるから読む気はしません。だから評価をするときにはまず結果を決めるんです。こいつはCだ。こいつはAだ、って。それから評価基準ごとに適当に点数をつける。そんなもんですよ、実際」

本書のタイトルにもなっている「年収300万円の会社」は特別な会社ではない。

中小企業の大半がこのような会社だと言って間違いない。

では、この状態から脱するにはどうすればよいのか。

その会社の中で、昇進昇格して役職者になるか、転職するか、であろう。

でも転職するのはリスクが大きい。

実際、転職して収入が増える人は少数派である。

リスクを最小限にして増収するためには社内で出世することが一番の早道。

では社内で出世するにはどうすればよいのか。

定期的に行われる人事評価で良い評価を得ることである。

では、会社の人事評価はどのようにして行われているのか。

人事評価表は会社によってまちまちである。

でも、共通していることがある。

それは、人事評価は上司の主観で行われているということ。

どんな人事評価表を使っていても、そんなことは問題ではない。

上司が部下を評価する場合、「こいつはよくがんばった」と思っていれば「A評価」、

後は、そうなるように点数を操作する。

これが実態。

上記抜き書きの人事担当者の言葉、案外本質をついている。

« それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと/林英恵 | トップページ | 原田泳幸の仕事の流儀/原田泳幸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと/林英恵 | トップページ | 原田泳幸の仕事の流儀/原田泳幸 »